ここから本文です

【田中みな実】「1回目のデートで自分を出しすぎないことが大事」

6/10(月) 12:20配信

with online

お笑い芸人のミキさんとMCを務めさせていただく番組『かぐや姫と7人の王子たち』がスタートしました。ハイスペックな美女・エリーを7人の男性が奪い合うイケメンバトルロワイヤルですが、男性たちのエリーへのアピールは、十人十色で興味深いです。

今回は、男性メンバーにとって最大の課題でもあるアピールのもう一歩先、つまり「出会って、そこから発展させるにはどうしたらいいか?」というテーマについて考えてみたいと思います。

1回目のデートで自分を出しすぎないことが大事

重要なのは、2人きりの時間を“持つ”ことよりも、2人きりの時間を“どう過ごすか”です。

男性メンバーの多くはツーショットタイムに持ち込めたら、ここぞとばかりに、言葉で、楽器で、ラップで(?!)、とにかく必死で自身の魅力をエリーに伝えようとします。

でも、女の子って話を聞いてほしかったりするのよね。だから、自己アピールに必死なメンズよりも、「大変でしょ?よかったら聞くよ」と、余裕のあるメンバーのほうが、彼女に落とされていない気がするんです。それに、聞き役に回って自分を出し過ぎないことで「どんな人なんだろう?もっと知りたい」と思わせる効果があるのかもしれません。
これは、女性も恋に発展させたい相手との会話においてとても参考になることだなと感じました。

1回目のデートでは“出しすぎない”方がうまくいくと思います。初めて二人で飲みにいったときに「私、こんな人なんです!すべてを受け止めて~」と言わんばかりに、家族構成やら友人関係、恋愛遍歴に至るまで、全てを語りつくしちゃう人って、たまにいません?特に婚活イベントなど、限られた時間しかない場合、情報を詰め込みがち。でも、そんなときほど聞き役になって余裕をみせて、自然と相手が自分に興味を持ってくれるのを待ってみるのはどうでしょう。

自分のことを知ってもらうのはもっと先でいい

やさしく、笑顔で話を聞いてくれる女性でいられるように。くれぐれも“詮索”にならないように気を付けましょう。取り調べみたいになっちゃうから。(笑)

相手の話を適度に引き出しながら、何か共通の関心事を見つけて盛り上がれるといいですね。共通の趣味など。それがなければ、とりあえず時事ネタが無難なのかな。

どんな話であれ、会話が弾めば、何となく「この子といると楽しいな、もっと話したいな」という好印象が残って、もっと知りたいと相手に思わせることができるはずです。

自分のことを知ってもらうのはもっと先でいいと思うんです。相手が気になったときにはじめて話してみる。その方がずっと彼の気になる存在でいられるのかも。

【プロフィール】

田中みな実
1986年11月23日生まれ。埼玉県出身。2009年にアナウンサーとしてTBSに入社。ぶりっこキャラが注目を集め、『サンデージャポン!』『爆報THEフライデー』など人気番組の司会に引っ張りだこに。2014年10月よりフリーに転身。現在、『有吉ジャポン』、『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(ともにTBS)など多数の番組の司会を務めている。

最終更新:6/10(月) 12:20
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事