ここから本文です

金田喜稔がエルサルバドル戦を斬る!「久保建英には小野伸二以来の“期待感”がある。僕の最年少得点記録も抜いてほしい」 

6/10(月) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「効果的に崩すシーンをもっと見たかった」

 エルサルバドルは、(4日前に戦った)トリニダード・トバコより力が劣っている印象だった。2-0で勝ったのはもちろん喜ばしいけど、欲を言えば、後半に勝負を決める3点目を取ってほしかった。物足りない感じは否めないよね。

【日本代表PHOTO】エルサルバドル戦を彩った「美女サポーター」たち

 トリニダード・トバコ戦と同じく、ワールドカップ予選が迫っているという緊張感は、やはり感じられなかった。テンションが低いというかね……。

 その時と同じく3-4-2-1で臨んだけど、全体的に4日前に比べると良かったと思う。もちろん、相手との力関係もあるけどね。

 ウイングバックに原口と伊東というサイドアタッカーを起用した点は、評価したい。森保監督の「勝ちに行く」という心意気が感じられたし、スタメンを見た時はワクワクしたよね。伊東はパスカットから持ち前のスピードを活かしていきなりチャンスを作り出したし、原口の2点目のアシストも素晴らしかった。

 でも、せっかく両ワイドにふたりを置いたんだから、もう少し効果的に崩すシーンが見たかった。連戦で中島が先発から外れたこともあって、それほど決定機を作り出せなかった。とくに後半はね。

 追加招集にもかかわらず、永井が2点を取ってくれたのは、チームにとって本当に大きかった。本人も「最後のチャンス」というぐらいの気持ちだったと思う。抜群のスピードと、裏のスペースを突く動きという特長を存分に出していた。

 これまで大迫のバックアッパーとして、高さがあるフォワードが試されることが多かった。杉本とかね。でも、なかなか結果を残した選手がいなかった。その点、誰にも負けないスピードを持っている永井がアピールに成功し、大迫と違うオプションを加えられるようになったのはプラスだと思う。
 
 同じメンバーで臨んだ3バックは、2試合連続完封で終えられた点は良かった。とくに冨安は永井の1点目の起点になったり、南野へサイドチェンジのパスを出すなど、持ち味の攻撃力も発揮してくれた。

 1週間後のコパ・アメリカでは、いきなり前回王者のチリと対戦する。当然だけど、エルサルバドルとは100パーセント違う。アウェーで、しかも本気の相手と戦うんだからね。そのギャップは個々の選手たちが感じることになるけど、こんなにいい経験を積める機会はなかなかない。若い選手たちがどれだけ逞しく戦えるか楽しみだね。

 チリだけでなく、ウルグアイもエクアドルも強いけど、何とかグループステージを突破してほしい。3試合と4試合では、経験値がまったく違うからね。

1/2ページ

最終更新:6/10(月) 10:36
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事