ここから本文です

コロコロパスをまさか空振り… 米GKの笑撃プレーに「凡ミス・オブ・ザ・イヤー」の声

6/10(月) 21:03配信

THE ANSWER

米MLSでGKベガのまさかの珍プレーが話題「悪夢を見た」

 米メジャーリーグサッカー(MLS)での信じられないようなGKのミスが話題を呼んでいる。味方からの何でもないパスをトラップミス。そのままゴールに入ってしまう笑撃の瞬間を、海外メディアが動画付きで公開。サッカーファンからは「プロでどうすればこんなことができるんだ」などと驚きを通り越し、呆然とするような反響の声が集まっている。

【動画】コロコロパスをまさかの空振り… 「凡ミス・オブ・ザ・イヤー」とMLSが脚光、米GKベガの笑撃プレーの一部始終

 勝負にミスはつきものだが、これは……。呆れるばかりのプレーが起きたのは8日(日本時間9日)の同リーグ、サンノゼ・アースクエイクスとFCダラスの一戦だった。

 0-0の前半27分。サンノゼのGKダニエル・ベガがまさかの珍プレーを犯してしまった。自陣の左サイドの味方からコロコロとグラウンダーのパスを送られた。練習のような速度でトラップミスをするほうが難しいようなパスだったのだが、次の瞬間だ。

 次のパスコースを考えていたのか、ボールから目を切り前方へ目をやるベガ。何気ないパスを収めようとしたが、ボールは自分が思っていた場所にはなかった。自身の股の間をすり抜け、かつ自身の右足に当たりコースが変わって、ゴールに吸い込まれてしまったのだ。

ファンは嘲笑「観る前にMLSだと分かった(笑)」

 アマチュアのような信じられないようなミス。英衛星放送「スカイスポーツ」は公式インスタグラムに「“凡ミス・オブ・ザ・イヤー!” サンノゼ・アースクエイクスのゴールキーパー、ダニエル・ベガは昨日チームがFCダラスと2-2で引き分けた試合で悪夢を見た」と題し、一部始終を動画で公開。目の当たりにしたファンからは怒りを通り越し、嘲笑するようなコメントも相次いでいる。

「アメリカンフットボール…」
「MLSのゴールキーパーを端的に表した例」
「プロでどうすればこんなことができるんだ」
「起こりえること」
「観る前にMLSだと分かった(笑)」
「MLSはハイクオリティ」

 痛恨のプレーで1点を先制されたものの、その後逆転に成功。しかし、後半に追いつかれ試合は2-2のドローに終わった。勝ち点3を逃した格好で、まさに悪夢のようなワンシーンになってしまった。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:42
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事