ここから本文です

「そこは残念でした」 日本代表デビューの18歳久保建英、悔しさを露わにした場面は?

6/10(月) 11:55配信

Football ZONE web

エルサルバドル戦の後半22分、南野に代わって途中出場…2人抜きドリブルを披露

 18歳になったばかりとは思えない冷静ぶりだった。日本代表は9日の国際親善試合エルサルバドル戦で2-0と快勝したなか、後半22分にMF久保建英(FC東京)が歴代2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。注目の一戦を終えた若きアタッカーだが、「そこは残念でした」とあるシーンに悔しさを滲ませている。

【動画】「上を狙っていたのに…」と自己解説! 18歳MF久保建英、「残念だった」と悔しさを露わ…2人抜きドリブルから強烈シュートの瞬間

 日本は5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続き3-4-2-1システムを採用。前半19分にFW永井謙佑(FC東京)が代表初ゴールをマークし、同41分にも永井が決めてリードを広げた。

 後半14分、FW大迫勇也(ブレーメン)、DF室屋成(FC東京)、DF山中亮輔(浦和レッズ)の3人同時投入とともに、システムも4-2-3-1へ変更。そして後半22分、MF南野拓実(ザルツブルク)に代えて久保がトップ下で投入された。

 直後の同28分に久保が魅せる。大迫のパスに抜け出すと、ペナルティーエリア右でドリブルを開始。相手2人に囲まれたが細かいタッチで間を作り、絶妙なタッチで2人の間にボールを通してすり抜けると、思い切り良く左足を振り抜く。低い弾道の一撃でゴールを襲ったが、相手GKも素早い反応で食い止めた。

 惜しくもゴールとはならなかったが、会場のボルテージが一気に高まった瞬間だ。久保はこの場面について、「結構最初のほうだったので行こうかなと思って。2人の間を狙っていったらすごく良い感じで抜けて……」と振り返る。

「上を狙っていたのに下にいってしまった」と自身のプレーを解説

 2人を抜き去るところまでは、まさにイメージ通りだったようだ。しかし、「シュートを巻こうと思ったんですけど、ちょっと浮き上がらなくて、そこは残念でした」と悔恨。「上を狙っていたのに下にいってしまった」と自身のプレーを解説している。

 その言葉に悔しさが見え隠れしたが、試合後は憂いではなく充実感に包まれていた。

「これだけ上手い選手たちが集まれば、違和感なくやれるだろうなと思っていた。そういう意味では、短い時間でしたけど自分がやれることは示せた」

 18歳のA代表デビュー戦、プレー時間はアディショナルタイムも含めて26分間。さらなる活躍を期待させる確かなインパクトを残した。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/10(月) 12:39
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事