ここから本文です

「年間最優秀“予想外”ゴール」 MLSで生まれた“非現実的なオウンゴール”に海外騒然

6/10(月) 12:40配信

Football ZONE web

GKがコントロールを試みるも「ボールはゴールへと逃げ込んだ」

 MLS(メジャーリーグサッカー)で驚きのオウンゴールが生まれた。

 サンノゼ・アースクエイクスは現地時間8日、FCダラスと対戦し、2-2と引き分けたが、前半27分に与えた先制点は、GKマリオ・ダニエル・ベガの唖然とするようなコントロールミスが招くことになった。海外メディアも「非現実的なゴール」「年間最優秀“予想外”ゴール」と世界でも大きな反響を呼んでいる。

【動画】「年間最優秀“予想外”ゴール」 アースクエイクスGKベガが喫した“非現実的なオウンゴール”の一部始終

 試合は思わぬ形からスコアが動くことになった。0-0で迎えた前半27分、ゴールキックの場面でベガは左に開いたDFフロリアン・ユングビルトに横パスし、折り返しのボールを送られた際、ベガはパスコースを探すために首を振りながらパスを受けたが、これが仇となった。右足のインサイドでコントロールを図ったものの、ヒールに当たってしまい、軌道が変わって真っ直ぐゴールマウスへ。慌ててクリアしようとした時にはすでにゴールラインを割ってしまっていた。

 唖然とさせるような守護神の凡ミスからのオウンゴールに海外メディアも反応。スペイン紙「AS」は「なんてエラーだ! 守護神ベガのオウンゴール」と見出しを打って報じ、「重大なミスを犯し、どのようにしてボールがゴールと変わったのか、その一部始終を見た」と説明。スペイン紙「マルカ」は「MLSで非現実的なゴール。ベガはボールをコントロールしようと試みたが、ボールはゴールへと逃げ込んだ」と取り上げ、「年間最優秀“予想外”ゴール」と表現していた。

 最終的に試合は打ち合いとなり、2-2と引き分け、黒星は避けられたものの、先制点のオウンゴールがなければ…と思わずにはいられない展開となってしまったのは確かだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/10(月) 12:56
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ