ここから本文です

れいわ新選組の「山本太郎」 2カ月足らずで1億6000万円の募金を集めたってホント?

6/10(月) 5:57配信

デイリー新潮

 4月10日の旗揚げの時には、なんで令和? なんで新選組? 選挙直前の売名? と疑問符ばかりだった、山本太郎参議院議員(44)の「れいわ新選組」。おまけに今夏の参院選に向け寄付金を募ることも発表し、「1万人から1人1万円ずつで1億円になる」とぶち上げたため、政治部記者たちの失笑を買った。

 ところがどうして、寄付金は、あれよあれよという間に1億円を軽く突破。6月4日現在、1億6292万円も集まっている。

 ***

 山本議員と言えば、11年3月11日に起こった東日本大震災の翌月から、タレントでありながら反原発運動をスタート。政治団体「新党 今はひとり」を立ち上げ12年12月の衆議院議員選挙に出馬したが落選し、13年7月の参院選で東京選挙区から生活の党、社会民主党、緑の党、新社会党の支援を受けつつ、無所属で立候補し当選した。

 国会議員となるや、秋の園遊会では明仁天皇(当時)に手紙を手渡そうとして、厳重注意を受けたこともあった。

 当選後しばらくは無所属だったが、14年12月に小沢一郎代議士が率いる「生活の党」に入党。党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に改めさせた。以後、山本氏は小沢氏を政治の師とし、「自由党」では共同代表を務めてきたが、今年4月10日に離党を表明。同時に政治団体「れいわ新選組」を立ち上げた。

 そもそも山本氏の俳優として代表作は、NHK大河「新選組!」(04年)における新選組十番隊組長の原田左之助役である。ちなみに原田は、鳥羽・伏見の戦いに敗れ京を去った後、仲間の近藤勇や土方歳三とは別れ、戊辰戦争のひとつ上野戦争で彰義隊に加わって亡くなったと伝えられる(享年29)。

「政治団体のマークには、新選組の羽織につけたダンダラ模様もありますし、彼が“新選組”の名を使いたい気持ちはわかりますけどね。だけど、新選組と言えば、倒幕運動を展開する志士たちを取り締まった幕府側、つまり体制側の組織じゃないですか。当然、会見では、そうした質問も出ていました」(政治部記者)

 だが、山本氏はこう言い放ったという。

〈新選組は、新しく選ばれる人たちの意味。新選組は幕府側だったというツッコミはあると思うが、今の権力者はこの国の国民だ。国民にお仕えしたい〉

「タレント時代はトークが下手と言われたそうですが、国会議員を6年もやると喋りも上手くなるものです。辻立ちの演説もサマになっていますしね。新選組は“維新”に負けるから縁起が悪いのでは、という記者の質問にも、『維新(の会)は政権側にベッタリだから、気にしてない』とも答えていました。考えようによっては、薩長を取り締まった新選組ですから、長州(山口県)出身の安倍さんに対して反安倍路線を打ち出すにはいい名前かもしれません」(同・政治部記者)

 その際にブチ上げたのが、冒頭でご紹介した寄付金である。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 10:45
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事