ここから本文です

透ける革や水不使用のなめし 革新的でサステイナブルな革エコーレザーが上陸

6/10(月) 12:00配信

WWD JAPAN.com

オランダのレザーメーカー、エコーレザーは6月5日、東京にショールームを開設した。常時250種類のサンプルをそろえ、日本に向けた販売を始める。エコーレザーはデンマーク発シューズブランド「エコー(ECCO)」の自社工場であり、現在は他のブランドに向けてレザーの販売も行っている。

【画像】透ける革や水不使用のなめし 革新的でサステイナブルな革エコーレザーが上陸

同社は、革新性とサステイナビリティーを念頭に置いたモノ作りが高く評価されており、ラグジュアリーブランドをはじめアップル社やロールス・ロイス社といった名門企業にレザーを供給する。オランダ・ドンヘンにある革なめし工場にはR&Dセンターを併設し、日々実験的なレザーの加工に取り組み、これまでに透けるレザーの“アパリシオン(APPARITION)”や熱で色が変わる“クロマタファー(KROMATAFOR)”などを開発し、商品化している。2018年には、大量の水が必要とされるなめし工程でほとんど水を使わない技術“ドライタン(DriTan)”を開発。節水だけでなく、化学物質の使用を最小限に抑えることにも成功し、オランダ工場では年間600トンの汚泥の削減に成功した。また、その技術を競合他社に無償で提供している点も評価されている。

ショールームの開設に合わせて来日したパノス・ミタロス(Panos Mytaros)=エコーレザー代表兼エコー上級副社長に、技術開発の進捗と日本での展望を聞く。

WWDジャパン(以下、WWD):水をほとんど使わずになめし工程を行えるようになった“ドライタン”では、原皮1枚あたり20リットルの水を節約できるとか。

パノス・ミタロス=エコーレザー代表兼エコー上級副社長(以下、ミタロス):年間で約2500万リットルの水を節約できるようになった。これは9000人が年間に必要とする水の量に匹敵する。最終目標は水に使わずレザーを作ること。現在取り組んでいるのは水を用いない染色で、機械や薬品の開発をしているが、試行錯誤の連続だ。

1/3ページ

最終更新:6/11(火) 17:51
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ