ここから本文です

フェミニズムは過去の遺物?…じゃなかった

6/10(月) 15:30配信 有料

WWD JAPAN.com

「WWDジャパン」5月20日号の表紙

 5月20日号の弊紙で、“ミレニアル世代のフェミニスト”と題した特集を組んだ。起案したのは28歳の女性記者。「同世代の間で、フェミニストを自称し世の中をよりよくしていこうと働き掛けている人が増えている」といった彼女の気付きが企画のきっかけになり、35歳女性である自分も一緒に特集を担当した。確かにここ2~3年、ハリウッドに端を発したセクハラ撲滅運動である#MeTooに象徴されるように、ジェンダーにまつわる問題に世界的に焦点が当たっている。日本でも昨年、当時の財務事務次官がテレビ局の女性記者へのセクハラを理由に辞任した。今年4月には東京大学の入学式で、日本のフェミニズム運動をけん引してきた上野千鶴子東京大学名誉教授が男女差別を指摘する祝辞を述べ、賛否両論を呼んだ。(この記事はWWDジャパン vol.2087からの抜粋です) 本文:2,138文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:6/10(月) 15:30
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る