ここから本文です

満腹感が長続きする、ダイエットにお役立ちのフード

6/11(火) 18:12配信

25ansオンライン

おいしくヘルシーに食欲を満たし、満腹感を持続させてくれる、さまざまな食材をチェックしてみて。

毎日の食事に自然食品を取り入れて

「ダイエットに効果的な食べ物」をインターネットで検索したことがある人は、決して少なくないはず。とはいえ、どの食材がどんな栄養を含み、どの食べ物が脂肪燃焼を助けてくれるかなど、すべて覚えるのはなかなか大変。
 
それに、食べ物が体に与える影響も人によって違うため、同じダイエット法を行ったところで、全員が痩せられるとは限らない。
ただひとつ言えるのは、体重を減らすためにも毎日の食事に自然食品を取り入れることが重要だということ。自然派素材は、おいしいうえに満腹感をより長く持続させてくれる。
 
血糖値の上昇がゆるやかな炭水化物やタンパク質、体にいい脂質を食べれば食べるほど、しっかり満足感を得られるようになってゆくはず。

米ペンシルベニア州立大学で栄養学の教授を務めるバーバラ・ロールズ氏は、こうコメントしている。
「カロリー数も満腹感に影響を与えますが、それがすべてではありません。食べ物と満腹度の関係はもっと複雑なのです。満腹感とその持続時間は、食べ物のテクスチャーや大きさ、完食するまでの時間、空腹が満たされることへの期待値の高さなど、さまざまな要素によって決まります」
 
要するに、たくさん食べずとも満腹感は得られるということ。
それを踏まえたうえで、満腹感が長く続く、ダイエットに効果的な食べ物をご紹介!

じゃがいも

シドニー大学の研究者たちは、特定のフードを食べた後の満腹感と、その2時間後にブッフェで食べた量をもとに満腹度を数値化。その結果、もっとも満腹度の高い食べ物は、ベイクドポテトやマッシュドポテトではなく、茹でたじゃがいもであることが判明した。
イギリス栄養士協会のスポークスパーソンで登録栄養士のアズミナ・ゴビンジ氏のイチオシは、ポテトサラダ。
 
「消化が遅いじゃがいもの皮は剥かないようにしてください。ポテトサラダには、ギリシャヨーグルトとスイートコーンを加えて、満腹感が得られるタンパク質と食物繊維も効率よく摂取しましょう」

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 18:12
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年8月号
2019年6月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ