ここから本文です

【RISE】那須川天心「今しかできない」全席完売の7.21 大阪大会イベントでKO決着を宣言

6/11(火) 21:49配信

ゴング格闘技

6月9日(日)大阪・心斎橋BIG STEPにてRISEファン感謝イベントが開催され、関西在住の鈴木真彦、麻原将平、高橋一眞、憂也、原口健飛、有井渚海が登場。そしてWORLD SEIRES準決勝を控える那須川天心、梅野源治、白鳥大珠らも東京から駆けつけた。

【写真】那須川天心は大阪のファンとのジャンケン大会にも参加

選手たちを一目見ようと訪れたファンで、会場はスポーツ系のイベントとしては異例の超満員を記録。貴重なファイター達のトークや豪華景品を懸けたジャンケン大会、高橋一眞と麻原将平の舌戦など盛り上がりをみせた。

参加選手たちはファンに向けてそれぞれがコメント。なかでも6月2日の『RIZIN』で関西初登場を果たした那須川にはひときわ大きな声援が送られた。

コメント冒頭で、「いま働きすぎなんじゃないかとか言われるんですけど…」と切りだした那須川。

3月10日の「RISE WORLD SERIES 1st Round」、4月21日の「RIZIN.15」、6月2日の「RIZIN.16」と連続出場のなかですべての試合をKO勝利で飾ってきた“神童”は、さらには5月18日のAbemaTVの企画『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』でもヘッドギアありながら2分3Rを2試合行い、6月22日には同企画で亀田興毅との一戦を控えるなど連戦が続くが、「二十歳ですし、今しかできないんで。いま格闘技を広めるのが自分の仕事です」と、迷いはないことをきっぱりと語った。

さらに6月9日のRISE大阪大会に向け、「(次戦は)1回戦った事のあるスアキム選手なんですけど、前回KO出来なかったんでKO出来るように練習頑張っています。たぶんメインイベントだと思うんですけど、しっかりシメられるように、皆さんの応援の力を借りて頑張りたいと思います」と、前戦で辛勝したスアキムとの再戦に向け、KO決着を宣言した。

イベント後には、SNSで「RISEWS チケット完売記念イベントで大阪へ。熱かった、、とにかく熱かった、、この熱を7月21日に爆発させるぞ! 皆さん応援お願いします! 来てくれた皆さんありがとうございました」とツィート。超満員となった会場の熱を肌で感じ、試合でその熱を爆発させることをファンに誓っていた。

また、今回のイベントでバンタム級王者・鈴木真彦の対戦相手がイタリアのエマヌエル・テッティ・メニチェッリと発表された。テッティはWKNの推薦選手で世界フライ級(53.5kg)を獲得したばかりで戦績が44戦31勝11敗2分(4KO)の24歳。

対戦相手を発表された鈴木は、「RISEは那須川天心だけじゃなくて他にもいろんな選手いますし、僕にも注目してもらえたらなと思います。わかりやすく倒すんで見といてください」とコメントしている。

これで全カードが決定となり、試合順は追って発表となる。また今大会のチケットも全席完売。追加販売等に関しては増席可能か会場側と調整中。その場合は追って発表となる。イベント参加選手のコメントは以下の通り。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 21:49
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ