ここから本文です

【伝説のランボルギーニ04】ベビー ランボルギーニのコンセプトで登場した「ウラッコ」は成功が約束されているはずだった

6/11(火) 18:30配信

Webモーターマガジン

4人が乗れる「小さなミウラ」

1970年のトリノショーに注目すべきモデルが登場している。パオロ・スタンツァーニが生み出したその新しいスーパーカー、「ウラッコ」は論理的なメカニズムで構築された意欲作だった。

【写真】ウラッコ細部とシルエット/ジャルパを見る

ランボルギーニ ウラッコは、ディーノ246を意識して開発されたモデルだったが、そこにはパオロ・スタンツァーニらしい画期的なアイデアが盛り込まれていた。

ギアボックスとV8エンジンを横置きしていたウラッコは、素晴らしいハンドリングとふたり分のリアシートのスペースを確保していたのだ。

さらにプレス製のモノコックボディや前後ストラットのサスペンションなど「大量生産」を見据えた設計もなされていた。

しかもミウラと同様、ベルトーネのマルチェロ・ガンディーニによる美しいスタイリングを持っており、優れた性能を持ちながらミウラよりもはるかに低い価格で販売できることから、成功は間違いないと思われていた。この新型車のためにランボルギー二は工場を拡張するほどだった。

ウラッコはすぐに好評を博し、ランボルギーニには多くの注文が舞い込んだが、ウラッコが大成功を収めたかというとそうでもなかった。ランボルギーニは怖ろしいほどの高性能を誇るV12エンジンを搭載して人気となったブランドであり、たしかにミウラと比べるとウラッコは迫力に欠けていた。

やはりランボルギーニは12気筒でなければならなかったのだ。ディーノのV6に対して、ウラッコはV8エンジンを搭載したが、当時の顧客がランボルギーニに求めていたのは合理的な選択ではなかったのかもしれない。生産を開始する頃(1973年)に起きた石油ショックも大きな打撃となった。

ベビーランボルギーニのコンセプトは、ウラッコの後、「シルエット(1978年)」、「ジャルパ(1981年)」へと受け継がれていくが、1988年にこの流れは一度途絶える。そして、そのコンセプトは、2003年、V10エンジンを搭載した「ガヤルド」で復活し大成功。V8エンジン搭載車も2017年デビューのウルスで再び脚光を浴びることになる。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ