ここから本文です

型式よりも愛称を復活希望! 歴代スカイラインの「愛すべきあだ名」とその由来4選

6/11(火) 11:41配信

WEB CARTOP

呼んではいても理由を知らない人も多い

 1957年のデビューから現在の現行モデルまで13代もの歴史を誇るスカイライン。これだけ長い歴史がある車種だけに、愛称を持つモデルも多く存在している。そこで今回はスカイラインに付けられた愛称とその由来をピックアップしてご紹介していこう。

車名ではなく「型式」で愛されたクルマ4選!

1)【愛称:ハコスカ】3代目スカイライン

 初めてGT-Rが設定されたスカイラインとしても知られる3代目モデルは、それほど旧車に興味のない人でも知っているほど高い知名度を持つモデル。それだけに、このモデルが初代スカイラインだと思っている人もいると言われているが、このモデルは「ハコスカ」という愛称で知られている。

 このハコスカの「ハコ」とは「箱」を意味しており、ボクシーなデザインを指して名付けられたとそうで、一説によると4代目のスカイラインが登場したのちに3代目を指す呼称として使われたのが始まりともいわれている。

2)【愛称:ケンメリ】4代目スカイライン

 1972年にデビューした4代目スカイラインの愛称は「スカ」のつかない「ケンメリ」となっている。これは当時の広告キャンペーンのキャッチコピーだった「ケンとメリーのスカイライン」から付けられたもの。

 ケンとメリーがスカイラインに乗って日本をめぐるという内容であり、CMのロケ場所になった北海道美瑛町にあるポプラの木は「ケンとメリーの木」と名付けられ、現在でも観光名所となっている。

 ちなみに4代目スカイラインのセダンモデルは、4ドアのケンメリということで「ヨンメリ」という呼び方がされることもある。

3)【愛称:ジャパン】5代目スカイライン

 西部警察の「マシンX」のベースとなったことでも有名な5代目スカイラインの愛称は「ジャパン」となっている。

 これも先代モデルと同じく広告キャンペーンのキャッチコピーで、「日本の風土が生んだ名車」ということをアピールした「SKYLINE JAPAN」というものから取られたものとなっている。

4)【愛称:ニューマンスカイライン/鉄仮面】6代目スカイライン

 6代目となるスカイラインには広告のキャラクターとしてアメリカの俳優かつレーシングドライバーであったポール・ニューマンを起用。後に「ポール・ニューマンバージョン」というグレードが登場するほど人気を博し、「ニューマンスカイライン」という愛称が浸透していた。

 ただ83年のマイナーチェンジで後期型となった際にRS系がラジエターグリルを廃したフロントマスクを採用したことで、新たに「鉄仮面」という愛称も獲得。一般的にこのモデルに関してはニューマンスカイラインではなく鉄仮面と呼ばれることが多い。

 その後のスカイラインに関しては愛称よりも型式で呼ばれることが多くなっているが、再び愛称で呼ばれるようなスカイラインが登場することを期待したいところだ。

小鮒康一

最終更新:6/11(火) 11:41
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ