ここから本文です

【REBELS】日菜太「次が終わりかもしれないと思ってやっている」、大野貴志「一回戦の江幡戦が全て」=6.9『REBELS』から8.18『KNOCK OUT』へ

6/11(火) 23:30配信

ゴング格闘技

6月10日(月)都内にて6.9『REBELS.61』の一夜明け会見が行われ、8月18日の『KNOCK OUT』大田区総合体育館大会にも出場する日菜太と大野貴志が前夜の激闘の振り返りと、次戦への意気込みを語った。

【写真】8月18日のKNOCK OUTトーナメント一回戦で対戦する江幡塁と大野貴志

第11試合で、第5代SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(シーザージム)を判定で下した日菜太(クロスポイント吉祥寺)は会見で、試合6週間前に左足のふくらはぎを痛め、さらに右足も肉離れを起こしていたことから「蹴れなくてパンチ勝負になった」ことを吐露。

さらに、8月18日のKNOCK OUT大田区総合体育館大会でのジョムトーン・チューワッタナ戦に向け、「トレーナーから『今日の状態でジョムトーンとやったら、サンドバック状態になって負ける』と言われた」と厳しい評価を受けたことを明かすと、「8月までにケガを治して、2月にシップムーンとやった時のようにいい状態でジョムトーン戦に臨みたい」と、今後のプランを語った。

また、「KNOCK OUTスーパーバンタム級王座決定トーナメント」出場権を懸けて、KING強介(ロイヤルキングス)と対戦し、判定で勝利した大野貴志(士道館新座ジム)も会見に出席。8月のトーナメント一回戦で対戦する江幡塁について、「自分が120%の力を出しても勝てるかどうか、それはやってみないとわからない。一回戦に全てをかける」と、大一番に向けて決意を語った。会見での一問一答の概要は以下の通り。

日菜太「最後に世界一のサウスポーの選手たちとの対戦に辿り着けるように何とか頑張りたい」

――坂本選手との試合は延長戦にもつれ込む大接戦でした。

「とりあえず負けなくて良かったかなと」

――足を負傷していたそうですね。

「先週、月曜日に左足の肉離れをしてしまい、それから一回も蹴りの練習を出来なかったんです。あと、4、5週間前には右足の肉離れを起こして、左拳は2月のシップムーン戦で痛めてしまい、それ以降パンチも打てない状態でした。満身創痍の中で今日の試合がありました。試合前に相手が恐怖ではなく、自分が蹴って肉離れが再発してリングで試合することが出来なくなる不安の方が大きかったです。本当は蹴りたかったのですが、蹴れないしパンチ勝負になりましたね。最後は根性で何とか延長戦を戦い抜くことが出来ましたが、きつかった試合でしたね」

――キャリアが50戦近くある中で過去最悪なコンディションだったのでしょうか。

「そうですね。こんなにケガをしたまま試合をしたことは初めてだったので、今日は辛い1日でした」

――戦ってみて坂本優起選手の印象はいかがでした?

「打たれ強くてタフな選手でした。1R目にパンチで勝負をかけて早期決着を狙いましたが、それも出来ず苦しい時間が多かったです。いつもみたいに蹴りで距離をとって、相手の攻撃をもらわないというのが僕のスタイルですが、それで全く勝負出来ませんでした。トレーナーからは『今日の状態でジョムトーンとやったら、日菜太はサンドバック状態になって負ける』と散々、言われました。8月までにケガを治してコンディションを上げて、2月にシップムーンとやった時のようにいい状態でジョムトーン戦に臨みたいですね」

――ジョムトーン戦ではファンにどういう姿を見せたいですか?

「今日の姿を見たファンにはちょっとがっかりさせてしまったので、日菜太の試合は凄いというところを見せていきたいですね。今日の試合を見てもらった通り、何が起こるかもわかりませんし、ケガもあってあと選手生活で残り何試合出来るかと言ったら2試合かもしれませんし、3試合かもしれませんし、次が終わりかもしれないと思っています。最後にシットチャイ(・シッソンピーノン)とか、世界一のサウスポーの選手たちとやっていきたいので、そこに辿り着けるように何とか頑張りたいと思います」

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 23:30
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事