ここから本文です

ジャニーズの次世代キーマン・キスマイ北山宏光 “無派閥外交”の深夜集会

6/11(火) 19:15配信

文春オンライン

 6月7日の深夜0時30分頃、東京・世田谷区のとあるバーの個室から聞こえてきたのは、関ジャニ∞のシングル曲「ここに」だ。声の主はKis-My-Ft2の北山宏光(33)とHey! Say! JUMPの薮宏太(29)の2人だった。

【写真】お気に入りのストライプ柄ショートパンツを履いている北山

 前日6日の23時頃、スタジオで撮影の仕事を終えた薮が向かったのは、目黒区にあるイタリア料理店。そこで北山は友人男性2人とともに、店員と談笑しながら、薮の到着を待っていた。薮が到着すると、1時間もしないうちに前述のバーへと移動したのだった。

とにかく仲が良い2人

「薮くんと北山くんはとにかく仲が良い。前日も2人で買い物に行っていた。北山くんはお酒が好きで、このバーにも頻繁に通う常連。この日は関ジャニに加え、シンガーソングライターの斉藤和義さんの『歌うたいのバラッド』や、GLAYさんの『Winter,again』などを歌って、大盛り上がりしていました」(Kis-My-Ft2関係者)

 気の置けない仲間たちとの”男飲み”を楽しんだ北山が帰途についたのは、朝の5時過ぎだった。

 北山はサッカー推薦で堀越学園高校に入学。同級生で、すでにジャニーズJr.として圧倒的な人気を博していた山下智久(33)と親しくなり、ジャニーズ入りしたという変り種だ。

「北山のコミュニケーション能力は事務所の同世代の中でも抜きん出ていて、誰とでもすぐ仲良くなれる。Kis-My-Ft2は珍しくリーダーのいないグループですが、北山がメンバーをさりげなくまとめるなど、リーダー的役割を果たしています」(ジャニーズ事務所関係者)

滝沢の楽屋でも自宅のようにくつろぐ北山

 SMAPが解散し、嵐が活動休止を発表するなど、大きな転換期を迎えているジャニーズ事務所にあって、北山は、揺れるタレントたちをつなぎ合わせる“キーマン”となりつつある。

「北山はグループを超えて、事務所の中でも存在感を増しています。ジャニーズJr.のプロデュースを手がける『株式会社ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明(37)とも非常に仲が良い。舞台『滝沢歌舞伎』が行われていた新橋演舞場の滝沢の楽屋で、北山はよく自宅のようにくつろいでいました」(ジャニーズ事務所関係者)

「滝沢イズム」の継承者とも言われている。

「一見、天真爛漫で人の上に立つタイプには見えないのですが、後輩の面倒見がいいんです。世田谷区にある行きつけの居酒屋で、後輩のジャニーズJr.とお酒を飲む事もあります」(同前)

 2016年のSMAP騒動の最中、滝沢(当時34)は、小誌記者の直撃取材にこう答えていた。

「ウチのタレントは基本、自分自身なんで。タレント本人、一人ひとりが自分の人生を決めて、自分の活動を決めて動いている事務所なので、派閥があろうがなかろうがそんなの関係なくて、自分自身がどういうふうにタレント活動していくか、自分自身をやっていくか」(2016年9月15日)

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 20:24
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ