ここから本文です

「ホンダ? オーストリアのバイクの方が好き」本田圭佑の獲得が噂されたブレッシャの会長が注目発言!

6/11(火) 19:11配信

SOCCER DIGEST Web

「とにかく強いリーグ」を希望する本田

 いったいどこに新天地を構えるのか――。本田圭佑の去就が注目を集めている。

 1年後の東京五輪にオーバーエイジ枠での参戦を目指している本田は、2018-19シーズンいっぱいでメルボルン・ヴィクトリーとの契約が満了となり、次なる活躍の場を探索中だ。

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介

 今後の去就については、「サッカーをするために日本に戻ることはありません」と口にし、「決まるまでは理想でしかないんですけど、とにかく強いリーグに」と明言している本田。いまだ行き先は不透明だが、一部メディアで浮上して話題となったのが、来シーズンからセリエAに復帰するブレッシャへの入団である。

 これは先月末にブレッシャの有力地元紙『BresciaOggi』が伝えたニュースで、セリエAで戦うために、経験値の高い新戦力の獲得を狙うマッシモ・チェッリーノ会長が、キエーボでプレーするフィンランド代表MFペルパリム・ヘテマイとともに本田の引き抜きを画策しているというのだ。

 同紙は次のようにブレッシャの狙いを報じている。

「レオネッサ(雌ライオン、ブレッシャの愛称)は獲得に動く構えである。ホンダはセリエA(ACミランで3年半プレー)を熟知しており、その豊富な国際経験と確かなクオリティーは魅力だ」
 
 はたして、ブレッシャはどこまで具体的に動いているのか。レーガ・セリエAの会議に出席したチェッリーノ会長が、『Corriere della Sera』のインタビューで強化戦略についてこう語っている。

「少し補強しなければならないだろうね。だけど誰も放出するつもりはないし、むしろより競争力の高いチームになるよう手助けしてくれる選手を獲得するつもりだ」

 そして、本田について話題が及ぶとユニークに返答してみせた。

「ホンダ? 私はKTM(オーストリアのバイクメーカー)の方が好きだよ」

 チェッリーノ会長の言葉を鵜呑みにするならば、本田の2年ぶりのセリエA復帰はなくなったということになる。

 ただ、メディアの前でお茶を濁しながらも、水面下で交渉を進めるのは、イタリアのメルカートでの常套手段でもあるだけに、今後、急転直下で移籍が決定する可能性もゼロではないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/11(火) 19:16
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事