ここから本文です

アトレティコに再激震!守護神オブラクが156億円でマンU移籍か? デ・ヘアは玉突きでパリSGへ…

6/11(火) 20:25配信

SOCCER DIGEST Web

グリエーズマンやゴディンの退団で決断

 アトレティコ・マドリーはこの夏、スカッドの顔ぶれが大きく変わることになる。

 エースのアントワーヌ・グリエーズマンや守備の要だったディエゴ・ゴディンのほか、リュカ・エルナンデズ、ファンフランもチームを去り、フィリペ・ルイスも退団が濃厚だ。

【PHOTO】マンUの年間アワードを彩った、名手たちの「美人すぎる妻&パートナー」を一挙公開!

 すでにポルトからブラジル代表CBのフェリペを獲得し、メキシコのサン・ルイスからアルゼンチン人MFニコラス・イバニェスも加わるが、バルセロナやレアル・マドリーと競っていくには、戦力の拡充が必要だ。

 だが、ここにきてさらなる主力の退団が取り沙汰されている。GKのヤン・オブラクだ。
 
 抜群の安定感で堅守を支えるスロベニア代表守護神は、4月にクラブとの契約を2023年まで延長した。だが、『ESPN』によると、残留する条件としてラ・リーグやチャンピオンズ・リーグ(CL)でライバルと競っていくだけの強化を求めていたという。

 しかし、前述したように、これまでチームを支えてきた面々が相次いで退団。そのため、オブラクは移籍を望んでおり、新天地には、パリ・サンジェルマンよりもマンチェスター・ユナイテッドを希望していると報じた。

 ジャンルイジ・ブッフォンと契約を更新しなかったパリSGは、新たに信頼性のある守護神の獲得を目論んでいる。かねてからオブラクやユナイテッドに在籍するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの名前が挙がっている。今シーズン後半戦のパフォーマンスで批判を浴びたデ・ヘアは、この夏の去就が騒がれているひとりだ。

 ユナイテッドはデ・ヘアを放出し、オブラク獲得のために1億2000万ユーロ(約156億円)の契約解除金を支払う用意があるという。新シーズンはCLの舞台に出られないが、それでもオブラクを引き付けているようだ。

 はたして、名守護神たちの玉突き移籍は実現するのか。今後の進展が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/11(火) 20:25
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事