ここから本文です

C・ロナウドがユベントスに“勧誘”? デ・リフト明かす「来ないかと言われた」

6/11(火) 22:01配信

Football ZONE web

バルサ、PSGよりユベントス? 今夏注目株のオランダ代表DFにC・ロナウドも納得の評価

 アヤックスの主将で、今夏の移籍市場の注目株であるオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが、現地時間9日に行われたUEFAネーションズリーグ決勝後に、対戦相手のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドから、ユベントスへ“勧誘”されたと明かした。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 決勝戦で、ポルトガルに0-1で敗れて優勝を逃したオランダ。だが、試合後にロナウドとデ・リフトが話をする姿がテレビ映像に捉えられていた。オランダ放送協会「NOS」のインタビューで、デ・リフトはロナウドから「ユベントスに来ないか?」と言われたことを明かし、こう話している。

「僕はその質問に少し驚いた。だから、笑ったんだ。最初は彼が何を言ったのか分からなかったよ。試合直後は負けたことに落ち込んでいて、それしか考えていなかった」

 今季、アヤックスのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝進出に大きく貢献した19歳のデ・リフトは、バルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)というビッグクラブからの注目を集めている。

 だが、自身の去就について急ぐ気持ちはないようで、「まずは休暇に行く。それから何が自分にとってベストなのかを慎重に考え、決める。僕のような若い選手にとって、コンスタントにプレーできるクラブに行くことが重要だ。それが一番大事なこと」と話した。将来有望な19歳は、来季に向けて一体どのような決断を下すのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/11(火) 22:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事