ここから本文です

「情けない」「技術が足りない」 W杯初戦ドローのなでしこJ、攻撃陣が吐露した”課題”

6/11(火) 5:30配信

Football ZONE web

守備ブロックを形成するアルゼンチン相手に攻撃のテンポが上がらず、無念の0-0ドロー

 なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間10日、フランス女子ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でアルゼンチンと0-0で引き分けた。ボールを完全に支配しながら崩し切れなかったゲームに、特に攻撃陣の選手たちからは課題が口を突いた。

【一覧リスト】2019フランス女子W杯グループリーグ組み合わせ

 日本は4-4-2システムでスタートすると、1トップを残して4-5のブロックを形成するアルゼンチンの守備に手を焼いた。サイドにボールが入れば複数人で囲まれ、逆サイドへの展開もままならない状況に追い込まれた。

 2トップで出場したFW横山久美は「相手がブロックを作ってきて前を向く場面が少なかった。ボールを持っているが、シュートは少なかった。クロスという選択肢もなく、前に入った時のサポートも少なく、バランスよく崩すことはできなかった」とコメント。コンビを組んだFW菅澤優衣香は「ピッチの上で選手たちで修正しなければいけなかった」と、柔軟性を欠いたことを悔やんだ。

 そうしたなか、後半12分には3大会連続出場となるFW岩渕真奈が送り込まれた。前半について「引いてくる相手に、もっと自信を持ってボールを受けて動かせば良いと思って見ていた。外からできるのは見た状況を言うことだけ。伝えてはいました」と言及。時に細かいボールタッチで相手をかわす場面こそあったものの、期待されたゴールに直結するような突破やシュートは見せられず、「とにかく勝ち切らなければいけない試合だった。情けない」と唇を噛んだ。

 高倉麻子監督は「攻撃のテンポが上がらない」という言葉を直前の国際親善試合スペイン戦後にも話したが、アルゼンチン戦も同じ言葉を繰り返すことになった。そうした面について、中盤の攻撃的な位置から最後の変化をつけるプレーが期待されるMF長谷川唯は、少し気になる言葉を残している。

長谷川は「どこで侵入するかハッキリしなかった」と狙いどころのなさを反省

「自分たちがボールを持つなかで、どこで侵入するかハッキリしなかった。その練習がたくさんできていないなかで、ゴール前でのアイデアや技術が足りないと感じた。ボランチが少し後ろに落ち過ぎていて、もう少し全体が前に出たいと感じた。後半は相手がもっと下がってしまって、そこで細かい崩しができないと上は目指せない」

 最後の崩しの部分に課題を感じながら、その克服に向けたトレーニングが十分でないと選手たちが感じていることが浮き彫りになった。大会がスタートした以上、長い時間をかけてコンビネーションを確立するのは難しいだけに、リーダーシップを取って中心になる選手をハッキリさせる必要もあるのかもしれない。

 高倉監督は「大会の中での成長」をキーワードの一つとしているだけに、このアルゼンチン戦を受けてどのような変化をチームが見せられるのか。残り2戦の相手はフィジカル的な強さを持つスコットランドとイングランドなだけに、連動性のあるコンビネーションで最終局面を崩す必要性は大きい。次戦までに崩しの質と共通理解を高める必要に迫られていると言えそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/11(火) 17:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事