ここから本文です

「カメラは捉えた」 C・ロナウド、同僚MFのMVP受賞で不満露呈する決定的瞬間に脚光

6/11(火) 10:40配信

Football ZONE web

優勝のポルトガルからB・シウバが大会MVPを受賞 ロナウドは一切祝福せず

 ポルトガル代表は現地時間9日、UEFAネーションズリーグ決勝でオランダ代表と対戦。1-0で勝利し、初代王者に輝いた。主将として優勝トロフィーを掲げたFWクリスティアーノ・ロナウドだが、大会最優秀選手賞を逃すことになった。同僚のMFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)の受賞が決定した瞬間、ロナウドの浮かべた表情や振る舞いに注目が集まっている。

【動画】「カメラは捉えた」 C・ロナウド、同僚B・シウバが大会MVPを受賞した際に見せた不満露呈の決定的瞬間

 決勝では不発に終わったロナウドだが、準決勝のスイス戦(3-1)ではキャリア53度目のハットトリックを達成し、圧倒的な存在感を放っていた。優勝が決定した瞬間、歓喜を爆発させていたロナウドだが、準優勝のオランダを送り出すために整列した際、会場で大会最優秀選手賞にB・シウバの名前が呼ばれると、チームメートは頭を叩く祝福に駆け寄ったが、隣にいたロナウドだけは一切動くことなく、強張った表情を浮かべていた。

 海外メディアはこの決定的瞬間に反応。英紙「ザ・サン」は「準決勝で英雄的なハットトリックを達成したにもかかわらず、シウバに競り負けたことで不貞腐れたロナウドを見よ」と大々的に報道。「カメラは捉えた」と綴り、「シウバの名前が呼ばれたとき、即座にチームメートに祝福されていた。しかし、ロナウドは首を傾け、疑問を抱き受け入れられていない様子を見せていた。一切祝福する姿勢も示さなかった」と伝えている。

「苛立ちを見せていた」「傲慢で嫉妬深い?」と海外も注目

 英メディア「スポーツ・バイブル」も「シウバの受賞にロナウドは苛立ちを見せていた」と取り上げ、「目に見えて不幸せだった」と指摘。また、スペイン語版の米スポーツ局「Univision Deportes」は公式インスタグラムで「クリスティアーノは傲慢で嫉妬深い? トロフィーを受け取る際は傲慢な振る舞いであり、大会最優秀選手の発表でシウバを祝福しなかった唯一の人物だった」と文章を添え、該当シーンを動画で公開している。

 ロナウドが見せた態度に関しては、決して褒められたものではないかもしれない。それでも、これまでのキャリアですべてを勝ち取ってきてもなお、負けず嫌いな姿勢を一貫していることこそが、彼をスーパースターたらしめている所以のかもしれない。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/11(火) 15:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事