ここから本文です

インテル、夏の“注目株”を獲得するためポルトガル代表MFの譲渡を計画?

6/11(火) 11:00配信

フットボールチャンネル

 ポルトガル1部のスポルティングCPに所属する24歳のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに関して、インテルが他のクラブとは違う方法で獲得を計画しているようだ。10日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 リバプールやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドやインテルなどが興味を示すフェルナンデス。トッテナムとユナイテッドについては、すでに4000万ユーロ(約49億円)のオファーを提示したとされる。しかし、インテルは高額な移籍金を支払うことができない。そのため、同メディアによると、ポルトガル代表MFジョアン・マリオの譲渡を含めることで、移籍金の引き下げを狙っているようだ。

 フェルナンデスは2017年7月からスポルティングCPに在籍。今季は主将として公式戦53試合に出場し32得点18アシストを記録している。ポルトガル代表としては通算12試合の出場経験があり、2018年のワールドカップにも参加していた。激しい争奪戦となりそうだが、果たしてどのクラブがフェルナンデスを獲得するのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/11(火) 11:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ