ここから本文です

仏発ラグジュアリーフレグランスメゾン「フレデリック マル」 名香のボディーケア登場

6/11(火) 16:00配信

WWD JAPAN.com

フランス発ラグジュアリーフレグランスメゾン「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」は6月14日、人気の香り「カーナル フラワー(CARNAL FLOWER)」のボディーケア製品、「ボディ & ヘア オイル」「ボディ ウォッシュ」「ボディ バター」の3種を発売する。ボディ ウォッシュとボディ バターは数量限定の展開となる。

【画像】仏発ラグジュアリーフレグランスメゾン「フレデリック マル」 名香のボディーケア登場

「カーナル フラワー ボディ & ヘア オイル」(200mL、2万5200円)はパルファムのベースとして使えるように半年以上をかけて開発。数滴で全身を潤いで包み、パルファムよりも軽い香り立ちに設計した。「同 ボディ ウォッシュ」(200mL、8500円)は濃密なジェルが豊かに泡立ち、肌にほのかに香りが残る。「同 ボディ バター」(200mL、2万7300円)はシアバターを中心とした処方のクリームで肌を保湿してキメを整える。パルファムと重ねることで、奥行きのある香りが長時間持続する。

「カーナル フラワー」は2005年に創設者のフレデリック・マルと、調香師でインターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランス(IFF)のマスターパフューマーを務めるドミニク・ロピオン(Dominique Ropion)が2年間で690回におよぶ試作を経て作り上げた香りで、高濃度にチュベローズ(月下香)香料を使用した名香として知られる。

「フレデリック マル」は「パルファン・クリスチャン・ディオール(PARFUMS CHRISTIAN DIOR)」の創設者を祖父に持つフレデリック・マルが2000年に創設。14年にエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)の傘下となり、18年10月に日本1号店を三越日本橋本店にオープンした。同年11月に日本2号店を日本橋高島屋にオープン。今年3月には大阪高島屋と伊勢丹新宿本店 メンズ館に新店を立て続けに開いている。日本未上陸の製品ではアフターサンバームや子ども向けのパルファム、ミラノ発レザーグッズブランド「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」とコラボした持ち運び用のケースなどがある。

最終更新:6/14(金) 12:24
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2096号
2019年8月19日発売

定価500円(税込み)

ハイジュエリー特集2019 ハイジュエリーの常識を揺さぶる「グッチ」の本気度

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事