ここから本文です

宮澤ミシェルが語る7人制サッカー『ソサイチ』の持つ可能性「メリットを生かせば、生涯スポーツとしての道は拓けると思う」

6/11(火) 11:00配信

週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第100回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、『ソサイチ』について。実は、あまり知られていない7人制サッカー『ソサイチ』が持つ可能性について宮澤ミシェルが語る。

*****

『ソサイチ』っていう言葉は聞いたことあるかな? サッカーの種類のひとつなんだけど、1チーム7人でやるものなんだよね。縦45m~55m、横25m~35mくらいのピッチで、5号球サイズの弾みにくいソサイチ専用のボールを使うんだ。

この連載でも何度か触れたことがあるけれど、僕が10代だった頃は『サロンフットボール』というのがあったんだよね。1930年頃からウルグアイやブラジルで盛んに行なわれ始めたもので、日本にはセルジ(セルジオ越後)が持ってきた。それが1994年に『フットサル』という競技名になって、いまじゃフットサルは多くの人が楽しむ認知度の高いスポーツになったよね。

じゃあ、ソサイチはフットサルとどう違うのという疑問を持つ人もいるだろうね。まず人数が違うんだ。フットサルは1チーム5人がコートに立てるけど、ソサイチは7人。それにコートのサイズがソサイチは、フットサルコート3面分くらいの大きさがある。だから、突き詰めていけば、戦術的にも異なった部分があると思うよ。

僕のラジオ番組に日本ソサイチ連盟の人がゲストで来てくれた時には、「競技人口700万人を目指しています」と言っていたよ。日本サッカー協会が目指しているのが「競技人口1000万人」だけど、まだまだそこは遠いレベル。ただソサイチには、それを実現する可能性を秘めているようには感じたよね。

これからもっと普及をしていきたいということで、リーグ戦を充実させたり、女性を取り込んだりしていくプランを持っている一方で、課題はコート数だっていう話もしていた。フットサル3面分だから、なかなか環境を整えていくのが難しいようだよ。

だけど、フットサルよりも広いコートでやるから、エッセンスとしては11人制サッカーとフットサルの中間くらいに位置するんだろうなって思うんだ。それにプロ化していくというよりは、生涯スポーツとしての存在を目指しているっていうのも、全年代で700万人の競技人口を実現するうえでは、いい方向性だなって感じるんだよね。

1/2ページ

最終更新:6/11(火) 11:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.31
7月22日(月)発売

特別価格500円(税込)

参院選後、賃金マイナス×消費増税の地獄/
プロ野球「戦うアラフォー」特集/新型N-
WGN開発者ナマ直撃!【グラビア】小倉優
香/井桁弘恵/池田エライザ/沢口愛華 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ