ここから本文です

丹羽宇一郎/「働き方改革」が日本をダメにする――文藝春秋特選記事【全文公開】

6/11(火) 6:00配信 有料

文春オンライン

 仕事とは、すなわち人生そのもの――私は半世紀以上、この信念でやってきました。そしてそれは今も間違った考えだとは思っていません。

 仕事には喜びも哀しみも、汗も涙も詰まっています。ときには上司から「このバカ野郎!」と叱責されることもあるでしょう。そうした厳しい経験を通じて自分をコントロールし、相手に意思をはっきり伝える交渉力を身に付ける。失敗もあるでしょうが、成功したときには大きな喜びを手にすることができます。

 激しく仕事をした人間は大きく成長します。でも中途半端な仕事をしていたら人は成長しない――だから意欲のある人間は、何時間でも働いたらいいと思います。それは会社のためだけではなく、その人のためでもあるからです。 本文:7,292文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

丹羽 宇一郎/文藝春秋 2019年6月号

最終更新:6/11(火) 6:00
記事提供期間:2019/6/11(火)~2020/2/6(木)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ