ここから本文です

10月の消費増税前に買っておくとお得なものリスト

6/12(水) 15:00配信

マネーポストWEB

 消費税増税で損をしないために夏のボーナスを利用して、今のうちにあれこれ買っておこうと考える人も多い。だが、節約アドバイザーの丸山晴美さんは「今回は、今までのように買いだめすると、節約どころか、損をすることがあるんです」と言う。

 日本の消費税は、平成元年(1989年)4月1日に3%が導入されて以来、5%、8%を経て、令和元年(2019年)10月1日に10%に引き上げられる見込みだ。

 今までの消費税増税と違うのは、酒類および外食を除く食品表示法に規定されている飲食料品と、週2回以上発行の新聞は軽減税率の対象となり、消費税が8%に据え置かれることだ。

「普段から節約を心がけている主婦にとって、2%の差は大きいものですが、生きていくのに必要な飲食料品にかかる消費税はそのまま。

 さらに、増税前の駆け込み需要の反動による消費の落ち込みを抑えようと、キャッシュレス決済での買い物には、最大5%をポイントで還元する政策が2020年6月まで実施されます。高価なものほど消費税額も上がりますが、何でもかんでも『増税前に買う』のではなく、買うべきもの、買わなくてもいいものの見極めが必要です」(丸山さん)

 丸山さんのアドバイスのもと、買う&買わないリストを以下にまとめた。今のうちにじっくり検討し、来る増税に備えよう!

買っておく(しておく)といいもの

【日持ちするもの】
・酒類
 飲食料品のうち、酒類は軽減税率の対象外。みりんや料理酒は調味料として使用する場合、分類上は酒類となり、税率10%になるので要注意。

・ペットフード
 軽減税率の対象となる飲食料品は、“人が食べるもの”のみ。「ペットフードの場合は10%になります」
(丸山さん・以下同)。

【医薬品類】
「胃薬や風邪薬などの常備薬はもちろん、医薬部外品のサプリメント、栄養ドリンク、コンタクトレンズなども買っておきましょう」

【定期券、回数券】
 定期券や新幹線などの回数券に加え、「国内航空券にも消費税がかかります。10月以降で日程が決まっているなら購入した方がお得です」。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 15:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ