ここから本文です

豊洲に林立するタワマンとオフィスビルが危うく見える理由

6/12(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2018年10月に開場した「豊洲市場」をはじめ、オフィスビルやタワーマンションなども建ち並び、活気に満ちている東京都江東区・豊洲エリア。だが、住宅ジャーナリストの榊淳司氏は、「街全体の発展には危うい要素も多い」と指摘する。同氏が実際に現地を歩いて予感した“豊洲の未来”とは?

【写真】豊洲市場は2018年10月に取引開始

 * * *
 築地市場の移転先として知られている埋立地の「豊洲」。最寄りに地下鉄有楽町線の豊洲駅があり、駅前のららぽーとは近隣エリアにとっては中核の商業施設となっている。

 街を見渡すと、超高層の建造物ばかりが目に付く。オフィスビルにタワーマンション。どれもここ20年ほどの間に建てられた。

 じつは、この豊洲というのは大まかにいって2つのエリアに分けられる。地名でいえば1丁目から5丁目と、6丁目。地図で見ると、この2つのエリアの大きさはあまり変わらない。そして、6丁目と呼ばれる大きな「島」は、つい最近まで開発がほとんど行われていなかった。だからこそ、新市場向けの広大な土地が提供できたのだ。

 一方、1丁目から5丁目の中心には早くから有楽町線が延伸したので、それなりに開発が進んだ。そのあたりは三井系のIHI(旧石川島播磨重工業)が造船所として使っていた地域。だから三井不動産が中心となってららぽーとやタワーマンションを開発した。

 だが、そんな豊洲の目覚ましい発展とは裏腹に、実際に街並みを見ていると、かなり危うい未来を予感させる。

 まず、タワーマンションを作り過ぎている。私は近々『限界タワーマンション』(集英社新書)という著書を上梓するが、20階以上の超高層マンション(タワマン)という住形態には、大きな欠陥がある。それは、約15年ごとに永遠と外壁の修繕工事を繰り返しやり続けなければいけないという宿命を背負っていることだ。

 足場を組めないタワマンの場合、外壁の修繕工事には多大な費用を要する。ざっくりと試算しても通常のマンションの2倍以上。はたして、すべてのタワマンはその費用を負担し続けられるだろうか。

1/3ページ

最終更新:6/12(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事