ここから本文です

タピオカ入りも登場 過熱する創作系「冷やし麺」ブーム

6/12(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 本格的な夏を前に、東京ではラーメン店による「冷やし麺」ブームが過熱している。「冷やし中華」や「冷やしラーメン」といった既存のジャンルでは括れない、新たなスタイルの創作系も続々と誕生。東京の冷やし麺シーンについて、ラーメン評論家の大崎裕史氏が解説する。

「冷やし麺は、ラーメン以上に自由な発想で変化にチャレンジできるメニューなんです。店主の遊び心を表現する創作系が増えているのが最近のトレンド。イタリアンやフレンチの影響も見られ、今夏は柑橘類や高級素材を使う店が目立ちますね」

 大崎氏によると、昭和初期から冷やしラーメンがあった山形など地方と比べ、東京は20年前まで、「冷やし中華」以外のバリエーションが少なかったという。

 約20年前に冷やし麺を夏に提供する先陣を切ったとされるのが1996年創業の『麺屋武蔵』グループ。今夏はタピオカを使うつけ麺で業界を牽引する。

「東京の冷やし麺の進化は非常に速い。本格的な夏に向け斬新なメニューが続々と登場すると思います。期間限定が大半なので、店が情報発信するSNSをチェックするとよいでしょう」

 宮本武蔵が『五輪書』を執筆したという霊巌洞(れいがんどう)をイメージした『麺屋武蔵 五輪洞』は、「五感で楽しむ」がコンセプト。開店から初めて迎える夏に提供するのは、タピオカがスープにゴロゴロと入る、期間限定の冷やしつけ麺だ。

 見た目も驚きだが、風味も斬新。大流行しているタピオカミルクティーをモチーフに、鶏・鰹の濃厚なWスープに豆乳、紅茶の葉を炒めて香り付けした油を入れるこだわりよう。炒めた茶葉はカシューナッツやアーモンド、クルミなどと混ぜて粉末状にし、スープ上に散らす。旨味に香ばしさが加わり、太麺の力強さと互角に渡り合う。具材も目や舌で楽しめる工夫が凝らされている。

 高温の油をかけたネギ、ザーサイ、刻みショウガと蒸し鶏の風味が食欲をそそり、漬けたレモンの酸味が爽快さを添える。タピオカを少し残しておくと、最後にアーモンドミルクでスープを割り、ストローで吸う楽しみ方もできる。1日15食限定。6月末まで提供予定だ。

【麺屋武蔵 五輪洞】
・住所/東京都港区芝5-29-1
・営業時間/11時~22時
・定休日/日曜日

撮影■岩本 朗 取材・文■上田千春

※週刊ポスト2019年6月21日号

最終更新:6/12(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい