ここから本文です

副業やランニングも、あえて小さくはじめるメリット

6/12(水) 8:11配信

ライフハッカー[日本版]

今の生活に不満があるなら、小さな変化や大きな変化を起こしたほうがいいのでしょうか?

【画像】副業やランニングも、あえて小さくはじめるメリット

答えはもちろん、何を達成したいかによります。また、それを達成するためにどれほど進んでリスクを取れるかにもよります。

スモールスタートはリスクが低い

時間管理の専門家Laura Vanderkamは、一般的なアドバイスとして、簡単に実行できるリスクの低い変更から始めることをすすめています。

時間管理について書く人は、生活の小さな変更に注目する傾向にあります。

理由は簡単で、そのような小さな変更の方が実行可能だからです。ほとんどの人が、ポッドキャストやオーディオブックを聞くことで、通勤時間を有意義にすることができます。

週1~2日、家からリモートワークをするように会社と交渉できる人もいるかもしれません。

配偶者の仕事や、子どもの学校、不確かな住宅売買のタイミングなどに対処している人もいれば、30分通勤時間を短縮するために、会社の近くに引越すことも難しいと感じる人もいます(1日1時間の節約になるにもかかわらず)。

したがって、時間管理の専門家が力を入れている解決方法は一般的ではありません。

突然生活を一変させるのはリスキー

小さな変更から始めたほうがいい別の理由は、生活を一変させる前に、これから達成しようとしている目標が、本当に自分の好きなことか確かめたほうがいいからです。

つまり、仕事を辞めて小説を書き始める前に、毎日30分小説を書いてみたほうがいいということです。

マラソンを走ると決める前に、5kmのランニングプログラムに参加してみましょう。

新しい都市や街に引越そうかと考えているなら、引越し先を決める前に、しばらくそこに滞在してみましょう。長めの週末でもいいです。

スケジュールがうまく調整できるなら、1週間のほうがもっといいです。

このような小さな変更によってわかるのは、必要な情報や結果が十分に得られるかどうかです。または、より大きな変化を起こすことを考えるべき時なのかがわかります。

時々副業としてやるだけで、少しお小遣い的に稼ぎつつ、クリエイティブな衝動が十分満足するかもしれません。副業として満足してきたら、小さなビジネスとして始めたくなるかもしれません。

最終的な疑問は、小説の完成や、住むのにお金のかからない場所や、もっと旅行に行く時間や家族と過ごす時間が持てる仕事など、自分が追い求めているメリットや恩恵が、リスクを冒すだけの価値があるのかということです。

人生の大きな変化を起こすのには、時間や労力やお金がたくさんかかる上に、その変化がうまくいかないこともあります。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 8:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ