ここから本文です

キャサリン妃、大好きな湖水地方で初挑戦

6/12(水) 13:22配信

25ansオンライン

11日(火)、キャサリン妃とウィリアム王子ご夫妻は、イングランド北西部のカンブリアをご訪問。
こちらといえば、日本でも人気の湖水地方!
キャサリン妃ご自身も大好きな場所であることを、この日告白されていましたが、それを証明するかのように、前回の女王バースデーの盛装からうって変わった超カジュアルファッションも、とってもしっくりなじんでいらっしゃいます。

【写真】キャサリン妃の2018年ワードローブを一挙総覧

この日は、この地方における、農村や牧場、地元のコミュニティの貢献やつながりについてフォーカスされ、日帰りで幅広い地元の人々とお会いになったおふたり。
まずは、カンブリア行政区の街、ケズィックからスタート。
ここではとっても可愛いお出迎えが!
先月出席されたバッキンガムパレスでのガーデンパーティで、キャサリン妃がお会いになった、スパニエル犬のマックスとメンタルヘルスのキャンペーンを行っている、その所有者。ヒーラー犬であるマックスと、パディ、ハリーの3匹は、SNS上で大人気なのだそう。
ケンブリッジ公爵家の愛犬ルポと同様のスパニエル犬との再会を、およろこびになっていたキャサリン妃。

ここでもおふたりの姿を一眼みようと集まった、多くの人々が沿道に集まっていました。そんな中、ひとりの少女がキャサリン妃をキック!(笑)
と言っても、ママに抱かれていた女の子が、キャサリン妃に向かって足を伸ばし、それがキャサリン妃の腰あたりに見事に大当たり。
キャサリン妃は、ショックを受けたようなふりをして、大げさな表情とともにリアクション。思わず少女は笑顔、とさすが3児の母は、どんな振る舞いにも余裕、慣れたものでございました。

また、マーケットスクエアではストール(出店)の探索もされ、地元のビジネスについての視察や、キャサリン妃に至っては味見も。チーズを2種類パクリ。
先日起こった水害救済のための寄付集めをサポートする人々や、美しき山岳地帯を守るボランティアの人たち、そして子供たちの健康・幸福に関する取り組みをサポートしている若者たちともお会いになったおふたり。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 13:22
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年8月号
2019年6月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ