ここから本文です

究極の選択…「待遇はいいけどつまらない仕事」と「待遇は悪いけど好きな仕事」、どっちが幸せ?

6/12(水) 17:03配信

Suits-woman.jp

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は東野杏亜さん(仮名・IT関連・33歳)からの質問です。

「転職するかどうか迷っています。今の職場は終電間際まで仕事になることもあるけれど、残業代はちゃんとつくし、ボーナスもでるので年収は500万円を超えます。でも、仕事は下請け業者から届く記事の校正やデータの正誤確認などの単純な作業で、誰かがシステムさえつくってくれれば、ロボットにもできるような業務です。実際、近い将来、AIに任せられちゃうねなんて冗談が社内で出るくらい。もっとやりがいのある仕事がしたいといろいろ人脈をたどったりしていたのですが、声をかけられたのが化粧品のPRの仕事。もともと化粧品が大好きで、PRの仕事には憧れがありました。でも、お給料は20万円だと言われて……。安い場所に引っ越すか、通勤時間はかかるけど実家に戻れば暮らしていけない額ではないですが、決断ができません。何を基準に選択したらいいのでしょうか」

待遇がよくて好きな仕事なら、まったく問題ありませんが、世の中それほどうまくいくものでもありません。待遇が微妙だけど、好きなジャンルの仕事となると、悩ましいもの……。待遇はいいけどつまらない仕事と、待遇は悪いけど好きな仕事、どちらにするかを決めるにはどうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

お金なのかやりがいなのか

これこそ、自分の考え方次第でしょう。この質問は、お給料とやりがい、どちらをとるべきかというお話ですね。自分にとって優先順位がどちらなのか、順位をつけてみてはどうでしょうか。ただし、今だけでなく、長いスパンで考えてみてください。

相談者さんは33歳。これからどういう人生が待っているのかは未知数ですが、まだまだ若い。やり直しだってききます。また、今より家賃を下げるなり、実家に戻るなりという覚悟もあるようですし、今は、ずっとやりたかった仕事にチャレンジしてみて、その中でキャリアをどんどん積んでいくという考え方もできます。

ただ、転職先で挫折してしまったり、想像していたほど楽しくなかったときに、意気消沈して「もう、自分にはやりたいことがない」となってしまうともったいないです。とことん考えてみてください。自分で決断し、憧れの仕事につけたということが自信につながると思えるなら、転職もいいのではないでしょうか。

一方、このまま今の会社にいて、お金を貯めていき、キャリアやライフプランに生かすという考えもあります。今のお仕事にはやりがいがないとおっしゃいますが、数年に1度は配置異動もありますよね。会社の中でやりたい仕事を見つける、あるいは自然と見つかるということもあるでしょう。今の会社は待遇がよいとのことですから、それにやりがいがプラスされれば、待遇がよくて好きな仕事となり、問題もすんなり解決できますね。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 17:03
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事