ここから本文です

ヤマハ YZF-R6 20周年記念モデルが限定1台で抽選販売に!

6/12(水) 17:30配信

WEBヤングマシン

特設サイトの抽選受付は6月28日まで

2019年6月8日、スポーツランドSUGOで行われたYZF-Rオーナーズミーティングで展示されたスペシャルカラーのYZF-R6が、幸運な1名にのみ抽選で販売されることがわかった。この特別限定車は、YZF-R6の登場20周年を記念して製作されたものだ。

【写真をまとめて見る】

デザイン監修は、ヤマハファン垂涎の“GKダイナミクス”

2019年6月8日に開催されたYZF-Rシリーズオーナーの祭典「YZF-Rオーナーズミーティング」に展示するために企画製作されたYZF-R6 20th Anniversaryは、当WEBでも詳しく報じたとおり、2017年にモデルチェンジされたYZF-R6をベースに初代モデル(1999年登場)のグラフィックデザインを施したもの。このデザインを監修したのは、ヤマハの歴代スポーツモデルのデザインを手掛けてきたGKダイナミクスという贅沢さだ。

この特別仕様車については、プレストコーポレーションの特設サイトにて2019年6月28日までの期間で抽選受付をしている。当選した場合、納品予定日は2019年7月、参考価格は156万円(税込)となる。

YZF-R6 20th Anniversary

YZF-R6 20th Anniversary

初代に込められた思いを20年後の最新モデルも引き継ぐ

スポーツランドSUGOで行われたYZF-Rオーナーズミーティングには、初代YZF-R6およびYZF-R1の開発責任者を務めた三輪邦彦さんの姿も。そこでYM記者が突撃インタビューを試みた。

三輪さん「まず同じカラーリングで20年の違いを体感すると、20年の進化の凄さを感じます。でも、その中でもやはり同じ血筋を持っていること、最初のモデルで考えた様々な思いが凝縮されていることも感じられました。その進化とは何かと言えば、まあ全てなんですけれども(笑)、初代で取り組んだ『軽量、スリム、コンパクト』、これを様々な技術を使って突き詰めています。そして何より乗らなければわからない、エンジンと車体のバランスの取り方でしょうか。燃料噴射(FI)を使って超高回転をきちっとコントロールできる技術、これを実現できていると思います」

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 17:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事