ここから本文です

上皇ご夫妻 葉山ご静養を中止していた…大々的報道をご懸念か

6/12(水) 11:04配信

女性自身

赤地に菊の紋章があしらわれた「上皇旗」を翻して、上皇陛下と美智子さまを乗せた車が東京都八王子市の大正天皇陵へ向かった。

6月6日、退位後1カ月以上が経過し、初めてご公務でお出ましになったご夫妻を一目見ようと、沿道には多くの人が集まった。車内の美智子さまは、皇后時代と変わらぬやさしいご表情で、沿道の一人ひとりにお気持ちを届けるように手を振られていた。

この日、天皇陵などを参拝して上皇陛下の退位を奉告する「親謁の儀」に臨まれた上皇ご夫妻。さらに6月11~13日の日程で京都に足を運ばれ、孝明天皇陵、明治天皇陵を参拝し、ご退位に伴う一連の儀式をすべて終えられる。

「ご多忙を極めた在位中には都合がつかず、退位後に持ち越された“最後のご公務”です。これ以降のお出かけは、基本的にはすべて私的行事となりますので、ご予定が公表されるのか、取材の設定がされるのか、今のところまったく決まっていません」(皇室担当記者)

御代替わり後、新皇后である雅子さまに大きな注目が集まっている。皇室担当記者は、その陰に美智子さまのご配慮を感じると話す。

「上皇ご夫妻はご退位後、マスコミの前にお出ましになる機会を減らし、そのぶん天皇皇后両陛下にスポットライトが当たるようにされているのではないでしょうか。特に美智子さまは、雅子さまがご自分と比べられないように、気を使われているようです」

実は上皇ご夫妻は、あるご予定を直前になって中止されていたのだ。

「葉山へのご静養が、突然取りやめになってしまったのです」と語るのは葉山御用邸近くの地元住民。

「5月10日ごろからの予定だったと思いますが、上皇陛下と美智子さまが葉山にいらっしゃるというので地元の者はたいへん楽しみにお待ちしていたのです。私自身もお会いできることを心待ちにしていました。ところが、直前になってご静養はお取りやめになったのです。理由がわからないために、どうされたのかとみんな心配しています」

上皇ご夫妻は5月5日のこどもの日に、港区の「東京ローンテニスクラブ」を訪問されている。皇室ジャーナリストが言う。

「宮内庁の発表もない私的なご訪問だったのですが、ご退位後初めての外出に取材が殺到し、大々的に報道されてしまいました。そのすぐ後に予定されていたご静養でしたので、この状況ではまた大騒ぎになってしまうと心配されたお二人が葉山行きをキャンセルされたと聞いています。上皇ご夫妻はこれまで、葉山の自然の中を散策されたり、ご友人宅をお訪ねになったりしていました。それらが報じられるのを避けるためには、ご静養自体を取りやめるしかなかったのでしょう」

宮内庁によると、上皇陛下と美智子さまはこれまでどおり早朝の散策を欠かさず、健康維持に努められているという。しかし、美智子さまは今年に入ってから散策後に息が切れる症状が目立つようになり、6月8日に宮内庁病院で心臓の検査をお受けになった。

これからは、もう目立たない――。令和の皇后となった雅子さまのために「隠棲の決断」をされた美智子さま。その姿をお目にかかれる機会は、今後ますます減っていくのだろうか。

「ただ、上皇陛下も美智子さまも、国民にお元気な姿を伝えることは大切だとお考えです。月1回ほどは、コンサートなどにお出かけになる上皇ご夫妻のお姿を拝見することができると思います」(前出・皇室担当記者)

最終更新:6/12(水) 14:43
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2872号・6月18日発売
毎週火曜日発売

定価420円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事