ここから本文です

嫁殺害後、母と実家に埋めた男の裁判で明かされた「悪辣な偽装工作」

6/12(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

「(鷹仁被告の)行為は悪質性があり、重大性が極めて高い。この殺人と死体遺棄は家族間での完全犯罪を目論んだものであり類いまれなもの。計画的で用意周到。保険金目的の殺人よりは軽いが、長期間の懲役に相当する。恵美被告の死体遺棄と殺人幇助(ほうじょ)の罪も極めて大きく、真摯な反省がない。執行猶予なしの長期間の懲役がふさわしい。よって鷹仁被告には懲役17年、恵美被告には懲役6年を求刑する」

【写真】麻衣子さんの遺体を埋めた、実家の庭

 と検察は5月31日、千葉地裁で論告求刑した─。

「まさか本気でやるとは」

 昨年3月4日、千葉県柏市の主婦・弥谷麻衣子さん(当時30)が行方不明となり、夫で元銀行員の弥谷鷹仁被告(37)が捜索願を警察に届けながら、実際は絞殺していた事件。妻の遺体を埋めるため実母・弥谷恵美被告(64)と実家敷地内(茨城県取手市)にあらかじめ穴を掘り、殺害後に一緒に埋めるという鬼畜のマザコンっぷりだった。素知らぬ顔で麻衣子さんの家族と“尋ね人”のビラをまいていたからひどい。

 両被告人を同時に裁く裁判員裁判は、5月22日から同31日の結審まで計6日間、千葉地裁の刑事1部201号法廷(岡部豪裁判長)で開かれた。“エリート銀行員と母による嫁殺し”と報道されたことで注目度は高く、初公判では傍聴席を求めて定員の2倍近くの人が抽選に並んだ。

 鷹仁被告は殺人と死体遺棄の罪状を認めた。

 かたや恵美被告は、

「死体遺棄は認めますが、鷹仁がまさか本気でやるとは思わなかった。手助けするつもりはなかった」

 と、殺人幇助を否認した。

 両被告人は事件に至るまでの背景を詳細に語った。被害者の麻衣子さんが重い精神疾患にかかり、その言動が鷹仁被告を追い詰め、恵美被告を心配させたという構図だ。

 証言などによると、鷹仁被告と麻衣子さんは、双方の以前の勤務先にあたる銀行で2010年に出会った。職場恋愛を育んで約1年半後に結婚。なかなか子宝に恵まれなかったため、麻衣子さんは'13年ごろから不妊治療に通うように。

 その効果か'16年秋に長女が誕生するが、流産寸前で帝王切開による出産だった。長女が未熟児だったこと、子育ての悩みもあって麻衣子さんの精神状態は怪しくなり、精神科を受診したところ、「強迫性障害」といって極度の潔癖症のような病気だと告げられた。

1/3ページ

最終更新:6/12(水) 5:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事