ここから本文です

眞子さまショック!秋篠宮さまの旧友が語る「小室圭さんとの結婚は絶望的」の見通し

6/12(水) 11:00配信

週刊女性PRIME

「6月7日、悠仁さまを除く秋篠宮ご一家は、赤坂東邸で青年海外協力隊及び、日系社会青年ボランティアと接見されました。

【写真】佳子さま、タンクトップコーデでご学友と記念撮影

 この翌日、豊島岡墓地にて行われた宜仁親王の『五年式年祭 墓所祭』にも出席されるなど、お忙しい日々をお過ごしです」(皇室担当記者)

『令和』になると同時に、東宮家と同格である皇嗣家となった秋篠宮家はより一層、日々の公務に邁進されている。

 時代の移り変わりに伴い、眞子さまと佳子さまのお出ましの機会も増加中だ。

 6月2日、紀子さまと眞子さまは、神奈川県にある『横浜能楽堂』で催された琉球舞踊の特別公演を鑑賞された。

「紀子さまが学生のころ、琉球舞踊をお教え差し上げたことがあったことから“お久しぶりですね”と、お声がけいただきました。

 ほかの出演者のお話を興味深そうにお聞きになっていて時折、おふたりで顔を見合わせて“なるほど”といった雰囲気でしたし、にこやかに応じられていましたね。

 琉球舞踊の衣装の柄について質問されるなど、ご関心があるご様子で、おふたりともお元気そうでうれしく思いました」

 そう話すのは、本公演で琉球創作舞踊を披露した琉球舞踊家の志田房子さん(81)。

 一方で、6月5日には、秋篠宮さまも紀子さまとご一緒に、フィンランドの芸術家・ルートブリュックの企画展に足を運ばれた。

「『東京ステーションギャラリー』で開かれたこの企画展は、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念したものです。

 ご夫妻は6月末、同国とポーランドに公式訪問の予定なので、同展を鑑賞されたのでしょう」(前出・皇室担当記者)

眞子さまの結婚の“今後の見通し”が質問される

 6月27日から10日間の日程で、北欧2か国を訪問される秋篠宮ご夫妻。ご出発の約1週間前には、おふたりそろっての会見が行われるという。

「ご訪問予定の2か国に対する印象や抱負などをお聞きします。さらに、7月中旬にボリビアとペルーを公式訪問される眞子さまに関する質問も投げかけることが決定。

 その中には、婚約が延期されている小室圭さんとの結婚に関して、“今後の見通し”を問う内容が含まれているのです」(宮内庁関係者)

 昨年11月、秋篠宮さまのお誕生日に伴う会見において、眞子さまのご結婚の見通しに関して問われた殿下は、

《今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれません》

 と述べられ、次のようにおことばを結ばれた。

《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というものを行うことはできません》

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 17:51
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事