ここから本文です

地方都市の「オフィス供給」は限定的…今後も賃料は上昇傾向!?

6/12(水) 12:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

盛況の「福岡オフィス市場」は空室率1%以下が続く

[福岡のオフィスマーケット]

2017年Q2以降、空室率は1%割れの状況が続いている。2018年Q2に2年ぶりの新規供給があったが、ほぼ満室稼動で竣工。新規開設や拡張を目的とする移転ニーズが旺盛のため、需給緩和にはつながらなかった。賃料は過去最高値の更新が続いており、2018年末時点の賃料の対前年伸び率は、2017年に続いて再び10%を超える見込み。2020年までに複数の新規供給の予定があるものの、新規開設や拡張ニーズの引き合いが多い。二次空室は発生しない見込みであり、需給がタイトな状況が続く見通しである。今後も賃料上昇の勢いは続くだろう。



関連レポート: 不 動産マーケットアウトルック2019

シービーアールイー株式会社(CBRE)

3/3ページ

最終更新:6/12(水) 12:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事