ここから本文です

メリット多数!家を建てるなら「北道路の敷地」が狙い目なワケ

6/12(水) 7:12配信

幻冬舎ゴールドオンライン

株式会社ウェルダン代表取締役で、一級建築士の資格を持つ兼坂成一氏の著書『人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム』より一部を抜粋し、物件購入前の土地選びにおいて、プロが「北道路の敷地」を勧める理由について解説します。

「最適な間取り」にするために土地選び

理想の間取りづくりにも大きな影響が出る土地選びについて、アドバイスさせてください。土地をお持ちでない場合、まず不動産屋さんに土地探しを依頼することとなります。その後、予算に見合う気に入った土地が見つかった場合、できることなら印鑑を押す(つまり契約をすることです)前に、極力建築士に相談することをお勧めします。

不動産屋さんは駅から近い、スーパーが近所にある、日当たりがよい、といった情報は詳しく教えてくれますが、例えばどのような建物が建築できそうかとか、余計な建築費用がかからない土地か、などの相談ごとはそれほど得意ではないからです。

実際私は今まで購入前の土地を見て欲しいと多くの方から依頼されましたが、そのうちの1割程度で、様々な理由からその土地の購入は見合わせた方がよいとアドバイスすることがあります。もしも既に契約や購入をしてしまった土地を見た場合には、後戻りできるわけではないので褒めることしかできないからです。

土地選びで特に注意しなければならないことがらをいくつか挙げてみます。例えばその敷地と周囲の土地、又は敷地に接する道路との間に大きな高低差があるケースです。

高低差があればその部分の土が崩れないよう擁壁などの土留めが必要となります。その擁壁が土や建物の荷重を支えられる安全なものとしなければなりません。特に高さ2mを超える擁壁はそれだけで工作物として建築確認や完了検査が必要となるケースもあります。すでにそれらが築造されている場合は、検査済証が取得されている必要があります。昔に造られた擁壁にはそれらが存在しない(無許可)ものや、仮に存在していても年月の経過により風化・劣化しているものがあります。

それらは安全とはみなせないため、擁壁を新たに造りかえたり、あるいは建物の基礎を地中深く達するように施工したりなど、いずれにせよ大きな出費が伴ってしまいます。仮に検査済証のある比較的新しい擁壁の土地であったとしても、将来の劣化を考えると、ずっと安全とは言い切れないのです。

敷地が接する道路との間に高低差が有るケースでは、擁壁の問題の他にも、毎日出かけるたびに階段を上り下りしなければならないという動線の不便さも加わることとなります。敷地の前面道路が極端に狭いなど、工事車両が進入することに支障がある敷地も要注意です。資材の運搬を小分けにしたり搬入について人力が必要となったりすることがあり、これも建築のコストアップにつながるからです。ダンプカーが通行できるまでとは言いませんが、乗用車が普通に敷地前まで通行できれば大きな問題とはならないでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 7:12
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事