ここから本文です

古着販売で高まる「ブランド価値」 パタゴニアも好例

6/12(水) 18:00配信

Forbes JAPAN

消費者の信頼感にも影響

再販でブランド価値は向上

パタゴニアやREI、アイリーン・フィッシャーなどにとって、再販を行うことは持続可能性だけの問題ではない。自社商品の品質を保証していることを、明確に示すことでもある。長期には、それがブランドに対する消費者の信頼感を築いていくことにもなる。

ルーベンは、ヤードルの再販プラットフォームはブランドに顧客生涯価値(life time value、LTV)をもたらすと同時に、消費者にとってのブランドの価値を高めるものでもあると考えている。

振り返ってみると、高級ブランドはファクトリーアウトレット・モデルを通じて、新たな顧客を引き付けようとしてきた。だが、それは最終的にブランドの価値を低下させてきた。コーチとラルフローレンなどは、身をもってそのことを学んだ。

「問題は、アウトレット店向けの商品をつくることは、誤ったトレードオフの方法だということだ」とルーベンは指摘する。つまり、「ブランドは自らのブランド名で、品質の劣った商品を販売することになる」。

「ブランドは認証されたわが社の再販モデルを活用することで、自社製品の伝統と品質を高く評価することができる。非常に品質の高いブランドの製品は、2回、3回、4回と(持ち主が変わっても)使用することができる」

素晴らしいブランドの全てが、同社のサービスを利用すべきだという──筆者も全く同感だ。

Pamela N. Danziger

2/2ページ

最終更新:6/12(水) 18:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年9月号

株式会社アトミックスメディア

2019年9月号
7月25日(木)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事