ここから本文です

ダニー・ボイルの新作『イエスタデイ』、エド・シーランが本人役で出演

6/12(水) 18:30配信

Rolling Stone Japan

ダニー・ボイル監督の最新映画『YESTERDAY(原題)』の邦題が『イエスタデイ』に決定し、10月11日より日本公開されることが明らかになった。合わせて、エド・シーランが本人役で出演する場面写真も到着した。

海外版トレーラーを見る|ダニー・ボイルの新作『イエスタデイ』、エド・シーランが本人役で出演

本作は「もしも自分以外にビートルズを知らない世界になってしまっていたら?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していく壮大なドラマ。主人公ジャック役をヒメーシュ・パテルが、エリー役をリリー・ジェームズらが演じるほか、エド・シーランの出演も大きな話題となっている。

今までカメオ出演が多かったエド・シーランは、以前「自分のキャリアに映画を1本加えたくて」とコメントしているように、本作には本人役で主人公ジャックに大きく関わる人物として登場する。また、スタイリッシュな映像と音楽のセンスに定評のあるボイル監督は、「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」と明かしている。

<映画情報>

『イエスタデイ』 
イギリス公開:6月28日(金)/日本公開:10月11日(金)
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ」)、リリー・ジェームズ(『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』)、ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、エド・シーラン(本人役)
配給宣伝:東宝東和

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:6/12(水) 18:30
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事