ここから本文です

【スカパラ川上つよし×鹿野淳|後編】「建英や翔哉は西が丘で…」日本代表のコパ・アメリカ展望!

6/12(水) 16:30配信

SOCCER DIGEST Web

「建英の最近の活躍ぶりは堪らない」

 コパ・アメリカ2019が6月14日、いよいよ開幕を迎える。開催国のブラジル代表やリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表はもちろん、1999年大会以来の参加となる日本代表にも注目が集まる。
 
 その開幕を前に、東京スカパラダイスオーケストラ(通称スカパラ)のツアーで南米各国を回り続ける経験を何度も持ち、大のFC東京ファンとしても有名な川上つよし氏、そしてサッカー好きとして知られる音楽ジャーナリストの鹿野淳氏のスペシャル対談が実現。南米、コパ・アメリカ、そして日本代表について語り尽くしてもらった。
 
 対談の後編は、日本代表がテーマだ。
 
――ロシア・ワールドカップ後の日本代表に関しては、どう思われていますか?
 
川上:けっこう好きです。新三銃士(中島、南野、堂安)っていう新しいスター候補がでてきたのも、ポジティブな変化だと思っています。
 
鹿野:新三銃士のひとりである中島翔哉は、川上さんが愛して止まないFC東京にかつて所属していた選手ですね。
 
川上:そうそう。翔哉はね、J3に出ていた当時から西が丘とかでも観ていたんですよ。だからすごく思い入れがあるんです。それが今や日本代表の10番ですからね、感慨深いですホントに。
 
鹿野:彼は強気な仕掛けが持ち味ですが、J3でプレーしていた当時からそうだったんですか?
 
川上:プレースタイルは今とほとんど変わらないですね。一部では「パスを出さない」なんて批判もありましたから。だからある意味で、日本よりも海外のほうが評価されやすいタイプかもしれないですね。欧州や南米では結果さえ出せば、ドリブルばかりでも叱られないと思うんで(笑)。
 

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

鹿野:もう我が子を思うような感じでしか喋ってないですけどね(笑)。
 
川上:まさに!(笑)。すごく楽しみです。
 
鹿野:コパ・アメリカには久保建英も呼ばれましたね。それこそFC東京所属の――。
 
川上:いや~、もうね! 何っていったらいいんだろう(笑)。
 
鹿野:川上さん、顔がほころびすぎです(笑)。
 
川上:いやいや面目ない(笑)。建英もJ3の試合を西が丘でよく観てたもんで、最近の活躍ぶりは堪らないんですよね。今季のJ1初ゴール(11節の磐田戦)はもう泣いちゃいましたよホントに。今季は司令塔として素晴らしいプレーをしていましたが、ゴールだけなかったので、ようやく分かりやすい結果が出て嬉しかったですね心底。
 
鹿野:まだ18歳になったばかりですもんね。真剣勝負のコパ・アメリカで結果を出すのは容易じゃないと思いますけど、どこまで通用するのか楽しみですよね。
 
川上:もう楽しみしかないですね。西が丘で観てた翔哉と建英が日の丸を背負って一緒にコパ・アメリカに出るなんて、FC東京を応援してて良かったって心底思いますホントに。2人ともA代表では初めての国際大会ですし、選手として大きく成長してくれると思うので、期待してます!

1/3ページ

最終更新:6/12(水) 16:32
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事