ここから本文です

台湾よりシェフが来日!ヒルトン福岡シーホークで「美食の台湾フードフェア」開催

6/12(水) 11:00配信

ウォーカープラス

ヒルトン福岡シーホーク4階ブラッセリー&ラウンジ「シアラ」にて、台湾シェフ監修の「美食の台湾フードフェア」が6月14日(金)~7月14日(日)まで開催される。

【写真を見る】台湾シェフ監修の本格台湾料理がずらり!

■ 小旅行気分で本場の味を堪能!

6月14日からの約1ヶ月間は、高さ40メートルの広大な空間シアラがリトル台湾に様変わり。九份(ジョウフェン)や夜市など、活気づいた街並みとどこかノスタルジックな雰囲気を持ち合わせた台湾を彷彿とさせ、小旅行気分を楽しみながら地元の人々から親しまれている本格台湾料理が楽しめる。

さらに今回は、本場の味を堪能できるようヒルトン台北新板よりロン・スカイ氏とリン・ルル氏の2名のシェフを招聘。シェフ監修の料理は、台湾のローカルフード牛肉麺、衣はカリカリ、中身はジューシーなビッグガーリックフライドチキン、台湾カラスミや台湾スイーツの中でも人気を誇るタピオカミルクティーなど。

【台湾シェフ プロフィール】

[ロン・スカイ]台湾のポピュラー料理「ルーロー飯」を作りたいという思いがきっかけで料理の世界へ飛び込む。学校で料理の知識を学んだ後、台北の郊外にある地元のレストランで修行。経験豊富なプロの料理人から指導を受ける。上海や台北の有名レストランやホテルで経験を積み、2018年よりヒルトン台北新板にてお客様を笑顔にする料理を提供。

[リン・ルル]高校時代、友人の薦めで料理関係の学校に進む。そこで料理の魅力にはまり、勉学に励む。卒業後は更なるスキルアップのため、8都市のレストランで修行。その中でフルーツカービングに感銘を受け、技術を習得。数々のコンテストに参加し技術を磨き、賞を獲るまでに。2018年よりヒルトン台北新板にて腕を振るう。

台湾に行かないと味わえない特別な味を、ヒルトン福岡シーホークで体験しよう。

(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

最終更新:6/12(水) 11:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

冷感グルメ2019
ひんやりグッズ27
マッチングアプリ
TOKYOの避暑地

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事