ここから本文です

千鳥・大悟、“フリー芸人”を真剣ジャッジ「たばこ吸うとリンゴ姉さんが嫌がる…」

6/12(水) 17:53配信

ザテレビジョン

千鳥・大悟が、6月11日放送の「チャンスの時間」(毎週火曜夜0:00-1:00、AbemaSPECIAL)で、大手芸能事務所を解雇された芸人たちをジャッジした。

【写真を見る】バーゲンセールやちょーちんあんこーら個性派芸人が続々…!

オープニングトークで、ノブが「大悟は、『チャンスの時間』の反響とか聞きますか?」と質問すると、大悟は「聞きません!」と即答。これにノブが「この番組、めっちゃ面白い企画あるやん!」と返し、スタジオに笑いが起きる。

同放送回では、大手芸能事務所を解雇されたお笑い芸人5組にスタジオでネタを披露してもらい、X-GUNのさがね正裕、ザブングルの加藤歩、ピン芸人のトミドコロ、そして大悟の4人の審査員が“自分の所属事務所に呼びたいかどうか”をジャッジする「芸人再就職トライアウト」を実施。

ゲストにモデル・女優の奥山かずさが登場した。

2017年末に「あらびき団」(TBS系)特番の“あら-1グランプリ”で優勝経験のある芸人・ふーみんがネタを披露後、「元アイドルと元女優です」と話すバーゲンセールの出番では、“アラサー女子”のネタにスタジオが大爆笑。

大悟がジャッジする過程で、「2人ともたばこは吸う? たばこ吸うと(お笑いコンビ・ハイヒールの)リンゴ姉さんが嫌がるんだよね」とコメントすると、スタジオにはさらなる笑いが。

その他、地上波番組「ぐるナイおもしろ荘2019」で優勝したお笑いコンビのぺこぱや、ノブが「これは逸材だと思う」と絶賛したお笑いコンビ・ちょーちんあんこーによる“倖田來未漫才”などが繰り広げられた。

(ザテレビジョン)

最終更新:6/12(水) 18:29
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい