ここから本文です

MF久保建英、なぜ急成長? 元日本代表DFが分析「“自分は海外帰りだぜ”が一切ない」

6/12(水) 8:10配信

Football ZONE web

エルサルバドル戦で途中出場、年少歴代2位の18歳5日で日本代表デビュー

 森保一監督率いる日本代表は、9日の国際親善試合エルサルバドル戦で2-0と勝利した。注目のMF久保建英(FC東京)は後半22分から途中出場し、歴代2位の若さとなる18歳5日でA代表デビューを飾ったなか、横浜F・マリノス時代に共闘した元日本代表DF中澤佑二氏が、急成長を遂げる若きアタッカーについて持論を展開している。

【動画】「“自分は海外帰りだぜ”が一切ない」…元日本代表DF中澤佑二氏が絶賛! A代表デビューの18歳MF久保建英、2人抜きドリブルから強烈シュートの瞬間

 フランス女子ワールドカップ(W杯)を記念した「公式記念コイン」(泰星コイン株式会社)の記者会見が5日に行われ、ゲストとして中澤氏が出席。日本代表通算110試合17ゴールの成績を残し、W杯2大会(2006、2010年)に出場した歴代屈指のレジェンドDFは昨年限りで現役から引退したが、そのイベントで久保について「一つひとつのプレーがとても10代とは思えないぐらいのプレーをする」と評している。

 久保は昨年8月、FC東京から横浜FMに半年間の期限付き移籍をしており、その際に中澤氏と同じクラブで共闘した。逸材アタッカーを間近で見た中澤氏は、飛躍の理由を肌で感じ取ったようだ。

「海外で若い時にもまれたプレーヤーって、どうしても日本に帰ってくると、“自分は海外帰りだぜ”っていう、ふんぞりかえったプレーヤーがいるんですけど、彼の場合はそういったところが一切ない」

「自分を世界に売り出していきたいという目標を持っているプレーヤー」

 久保は2011年8月からスペインの名門バルセロナの下部組織に在籍し、2015年3月にFC東京の下部組織へ籍を移した。当時から大きな注目を集めていたなか、2017年のU-17W杯やU-20W杯などを経験して着実に成長を遂げ、18歳5日で日本代表の舞台に到達している。

「もっと上手くなりたい、自分を世界に売り出していきたいという目標を持っているプレーヤーなので今現在も伸びていますし、もっともっと高いところへ行くというモチベーションを持っている」

 さらなるステップアップを予感している中澤氏は、「非常に若いながらも、しっかりとしたメンタルを持っている」と久保に太鼓判を押す。日本代表で歴代7位となる110試合の出場数を誇る名DFは、若武者に大器の片鱗を見たようだ。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/12(水) 13:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ