ここから本文です

EURO予選で2ゴールのルカク、スコットランド代表指揮官に謝罪?「彼が謝ってきた」

6/12(水) 21:00配信

フットボールチャンネル

 EURO2020予選I組第4節、ベルギー代表対スコットランド代表が現地時間の11日に行われた。試合は3-0でベルギー代表が勝利した。

【写真】ロメル・ルカクのランクインはあるか? プレイヤー能力値ランキング

 前半ATと57分にFWロメル・ルカクがゴールを奪うと、後半ATにMFケビン・デ・ブルイネがゴールを決め、ベルギーが3-0で勝利となった。この試合でフル出場を果たし2ゴールを決め、チームの勝利に貢献したルカクがスコットランド代表指揮官スティーブ・クラークへ謝罪したという。

 クラークは2012年にWBAの指揮官に就任。だが、成績不振で翌年に解任された。その当時、ルカクはチェルシーからの期限付きでWBAに加入し、1年間プレーしていた。ルカクは現スコットランド指揮官からWBA時代に直接指導を受けていた。

 12日付の英メディア『ミラー』によると、クラーク指揮官はインタビューで「私は彼とスタジアムのトンネルでハグをした。彼はゴールに関して謝っていたよ。ロメルはファンタスティックなキャラクターだ。彼との仕事は楽しかった。彼は私と一緒にいた時は若かった。それから彼は成長した。彼は数々のプレミアのビッグクラブでプレーした強いゴールスコアラーだよ」と話したという。

 ルカクは1年間指導を受けた恩師に対して、感謝の意味を込めて謝罪をしたのかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/12(水) 21:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ