ここから本文です

18歳未満のモデルはNG?  アンミカ、冨永愛、SNSで募った読者の意見を公開

6/12(水) 18:00配信

WWD JAPAN.com

"ケリングはなぜ、18歳以上を起用するの?"

モデルを取り巻く環境は、ランウエイショーや広告ビジュアルで見る華やかなものだけではありません。フォトグラファーらによるセクハラや、キャスティングでの不当な扱い、不健康なほどの痩身など、ファッション業界におけるモデルの就労環境やモラリティーの観点からも批判の声が上がっています。

特に若年層のモデルは被害に遭いやすい傾向にあります。とある国内のモデル事務所のマネジャーが「モデルは常にプレッシャーとの闘いです。オーディションでは廊下に並べられて、指でさされて選ばれることもあり『とても傷ついた』と泣いて帰ってくるモデルもいます。撮影やショーでは待ち時間が長く、早朝の撮影があれば、深夜までフィッティングにも参加します。今やSNSでは、容姿や体形をはじめさまざまなことで誹謗中傷を受けることもあります。それがストレスとなり、若いうちからアルコールやタバコ、ドラッグにまで染まってしまう子もいるのも問題視されています」と語っていたのが頭に残っています。

<関連記事>
14歳ロシア人モデルが中国で突然死 モデル事務所は“過労死”を否定

"業界のプロの声は?"

「モデルの起用は18歳以上」というケリングの表明に対して、業界の人たちはどのような意見を持っているのでしょうか?TBSのバラエティー番組「林先生の初耳学」内の人気コーナー「アンミカ先生のパリコレ学」に出演する、元パリコレモデルのアンミカをはじめ、17歳でニューヨーク・コレクションデビューを果たし、ラグジュアリーブランドのファッションショーの出演や広告撮影を数多くこなす冨永愛、東京コレクションを経て、現在はパリコレを発表の場にするファッションブランド「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」の熊切秀典デザイナーの3人に聞きました。

"アンミカ/タレント、モデル"

「実際に、ラグジュアリーブランドの服をリアルに身にまとう年齢を考えた時に、18歳未満のモデルが着ているというのはリアリティーがないとは思っていました。"モデルは若いほどよい"という価値観を排除し、モデルの年相応の美を認めるという意味でも前向きな一歩かと思います。モデルの雇用、労働環境を守るためにも精神的、身体的に少しでも大人になってからの活動の方がいいと思います」といいます。またマイナスの影響について「モデルの個性によっても旬があるため、18歳未満で美や個性の旬があった人はチャンスを失うかもしれません。でも、マイナスよりプラスの影響の方があると思います。ファッション界最高峰のパリコレだからこそ、大きな影響があり、たくさんの人の目に触れます。18歳未満の子が春夏コレクションで、それなりに肌の露出が多い服が当たってもプロ意識として断ることは難しい。そのあたりの心身の影響なども心配していました。今の子は成熟が早く、18歳以下で体が出来上がっているモデルも多いですが、精神的には成熟していないところもあるので、関わる全ての人に大きなプレッシャーがかかるパリコレでの仕事は心配でもあります。コレクションの中で多様性を表現するときに、18歳未満のモデルをあえて1人、2人、スポットで起用することでストーリーを作って、表現したいショーもあると思います。モデルの年齢制限は、そういったデザイナーの表現にも制限をかけてしまうこともあるのが懸念点です」。(※アンミカさんの個人的な意見であって、番組「林先生の初耳学」の意見ではありません)

2/5ページ

最終更新:7/18(木) 19:47
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事