ここから本文です

デービスが死球王の東尾を襲撃!(1986年6月13日)

6/13(木) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1986年6月13日だ。

 西武球場で行われた西武対近鉄戦、西武が5対3とリードしていた6回、西武先発の東尾修は先頭打者の栗橋茂を打ち取り、続く四番・デービスとの対戦を迎えた。テンポよく追い込み、カウント1ボール2ストライク。1球ファウルの後に投げた5球目だった。シュートがデービスの右ヒジに当たった。

 その瞬間だった。怒りの表情を浮かべたデービスがすさまじい勢いでマウンドにダッシュ。東尾に4発のパンチを浴びせ、キックまで繰り出した。両軍の首脳陣、選手らが一斉に飛び出し、場内は騒然となった。もちろん、デービスは退場になったが、興奮は試合後も収まらなかった。

「オレには養わなければならない妻と子どもがいる。正当防衛だ。おかしいだろ。東尾のようなコントロールのいい投手がどうしてオレに何度も危険な球を投げるんだ。処分は受けるが、反省をする気はない」

 驚くべきことに東尾は続投し、気丈にも完投勝利を飾ったが、顔面打撲、右足首ねんざ、右ヒジ内側裂傷と多くの傷を負った。

 デービスには出場停止10日間、制裁金10万円の処分となったが、この事件はその後、意外な動きを見せる。事件後、デービスの暴力は問題外としながらも他球団から“東尾にも問題あり”という声が数多く上がったのだ。史上最多の死球王、東尾の危険球に歯ぎしりしていた球団がいかに多かったかということだろう。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:6/13(木) 12:16
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事