ここから本文です

野村克也が語る「変化球の打ち方」

6/13(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

変化球への対応は全打者に共通したテーマ

変化球を苦にしないイチローは天才型だろう/写真=Getty Images

 先週号の変化球特集を受け、編集者が「選手に“変化球はどう打てばいいですか?”と聞かれたら、どう答えますか?」と言う。

 私も現役時代、カーブを苦手にしていた時期があった。そのとき、オールスターで一緒になった山内一弘さん(毎日ほか)に、「カーブはどうすれば打てますか?」と聞きに行った。山内さんは私がプロで自分のバッティングを確立しようとしていたとき、そのフォームをマネて参考にしたバッターだ。すると山内さん、「なあに、そのうち打てるようになるよ」と言って、これっぽっちも教えてはくれなかった。

 のちにその話を山内さんにしたら、「自分のライバルにそんなこと教えられるか」と言われ、「俺のことをそんなふうに思っていたのか」と驚いた。

 それはともかく変化球の打ち方、だ。変化球への対応は、全打者に共通したテーマである。ただ、そうはいってもバッターのタイプによって、対応方法はさまざまだ。

 私の場合は、典型的なヤマ張りバッター。こういう不器用なタイプのバッターは、相手バッテリーの配球やピッチャーの球種によるクセを探りながら、狙い球を絞る。しかし、ヤマを張れば、当然外れることもある。だから安定した成績を残せない。これには親を恨んだものだ。もっと反射神経よく生まれていれば、ストレートに合わせながら変化球にも対応できただろう。それがバッターの理想形。だが同時に“天才型”ともいえ、このスタイルで結果を残せるのはほんの一握りである。

 特にわれわれの時代、ヤマ張りバッターはバカにされ・・・ 本文:1,932文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/13(木) 17:20
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る