ここから本文です

闇営業騒動、なぜ宮迫博之へのバッシングが最も苛烈なのか

6/13(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 吉本興業の所属芸人による反社会勢力への「闇営業」騒動が新展開を迎えている。雨上がり決死隊・宮迫博之が、問題となっているパーティーで詐欺グループの「会長」夫妻を、自身が出演する『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に招待する、と発言する動画が登場したのだ。

【写真】詐欺グループ”会長”の妻をギュッと抱きしめる宮迫

「反社会勢力とは知らなかった」という説明はまだしも、「会長」の妻をハグするなどの過剰サービスをしただけに、「ギャラはもらっていない」という説明に疑問符がついているのである。あるいは、本当にギャラをもらっていないのだとすれば、彼らとよっぽど昵懇だったのでは、といった指摘もネットには書き込まれている。

 今回かかわっている芸人は、カラテカ・入江慎也、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ・福島善成、ほか無名の芸人2~3名とされている。今回の件でもっともネットで非難が多数寄せられているのは「実感として」と前置きしながら「宮迫さんです」と語るのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。

「入江さんは“解雇”という制裁をくらったので、むしろ『これからは入江爆弾(大暴露大会)来るぞ』と、妙な期待をされています。田村さんと福島さんはツイッターで謝罪。HGさんは特に何も発信していない。田村さんと福島さんは『ツイッターで謝罪した』という記事が出ましたが、さほどバッシングが盛り上がらなかった。

 宮迫さんは、ラジオ番組でギャラをもらっていないと説明したり、ツイッターで謝罪したものの、謝罪文が誰かから送られたものではないかという『コピペ疑惑』が出てこれも釈明する事態に。騒動後も『アメトーーク!』は普通に放送された。そしてラジオ番組にも出演しているので、何しろ発言機会が多いのです。発言機会が多ければ多いほど、ネットでは矛盾を突かれ、常に『燃料投下』状態になってしまう。最年長で、今回の件を率先して断るべき立場だったにもかかわらず、ノリノリだったこともバッシングの一因です」

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事