ここから本文です

King & Prince 平野紫耀と永瀬廉の異なる魅力 「シンデレラガール」「君に ありがとう」から考察

6/13(木) 6:03配信

リアルサウンド

 6月14日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にKing & Princeが出演する。デビューシングル曲「シンデレラガール」と1stアルバム収録の新曲「君に ありがとう」の2曲を披露するという。それぞれの楽曲でセンターを務めるメンバーが異なるところも見どころの一つ。今回は、平野紫耀、永瀬廉にフォーカスを当ててみたい。

■ハスキーボイスの王子様、平野紫耀の歌声
 King & Princeのデビュー曲であり、火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の主題歌にもなった「シンデレラガール」でセンターを務めるのが平野紫耀。同ドラマにも出演していた。

 歌いだしを平野が担当し、MVでも平野が単独で映し出されるなど、センターらしい堂々たる姿だ。ダンス歴が長いだけに、キレのある美しいダンスには目を奪われてしまう。グループの顔となる豪胆な姿は、ジャニーズらしい王道のセンターと言えそうだ。

 一方で、見た目を裏切る天然発言でも知られる平野。数々の珍エピソードは、映画監督や共演者から明かされるほか、バラエティ番組でも芸人がツッコまずにはいられないほど。想像を遥かに超えたギャップで爪痕を残しているところもチャーミングだ。

■包容力のあるスイートボイスの持ち主、永瀬廉
 「君に ありがとう」は、永瀬廉が初主演をつとめる映画『うちの執事が言うことには』の主題歌。映画のために書き下ろされたもので、タイトルどおり“感謝”をテーマにした楽曲だ。歌いだしは永瀬で、映画で共演している神宮寺勇太へとつないでいく歌割りも楽しい。

 一見クールな見た目とは対照的に、やや高めの優しい歌声が特徴。聴く者を包み込むような包容力を感じる。スラリとした長身で、現在ドラマで共演中のなにわ男子・道枝駿佑も、雑誌のインタビューで「廉くんのたたずまいによく目がいく」と語るなど、華々しい姿も彼の魅力の一つだろう。MCでも、積極的に発言するタイプで、ツッコミ役にまわることも多い。ドラマでも監督に質問をして役作りに励んでいるという。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 6:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ