ここから本文です

【バイクで巡るニッポン絶景道】ツーリングライダーの夢……北の大地、最北端の絶景道[北海道]#モトツー

6/13(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

~北海道道106号稚内天塩線区間 日本海オロロンライン~

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第10回は、ちょと涼し気(?)な話題をお送りしよう。北の大地、北海道が誇るニッポン最北端の絶景ロード『オロロンライン』だ。

【写真をまとめて見る】

TEXT:Hidetoshi KANDA

ここを走る事がツーリングライダーの夢!

ツーリングライダーなら誰もが憧れる北の大地、北海道。定番の場所ながら、現在も全国の旅人達からの支持は圧倒的。必然的に長期旅になる事から、その外見より「ミツバチ族」や「カニ族」といったツアラー達を指す独自の呼び方も発生。かつては社会現象となる程の、一大ツーリングブームを巻き起こした場所でもある。

北海道は感動的な絶景ポイントや爽快ロードも大変多いが、中でも多くのリピーター達を魅了して止まないのが、この「日本海オロロンライン」だ。日本海側の小樽市と日本最北端の稚内市を結び、総延は実に300km以上にもなる壮大な海岸ロード。中でも最北端へのハイライトとなる、約68kmの道道106号線区間は「北海道で最も有名な道」と呼んでも過言でない大絶景が待っている。

利尻富士を遠望する青い空に、紺碧の海。緩やかな海岸丘陵地帯を貫く、果てしない直線道路。そう、ここがあの夢にまで見た北海道を代表する絶景ロードなのだ。

北海道を旅するライダーは実にリピーターが多い。毎年10年以上連続で訪れている旅人も全く珍しくないのだ。北海道はそこら一帯が絶景。スケールも本州の比ではなく、1回や2回の訪問では到底廻りきれるものではない。しかし、そんな多くの絶景もいつかは「慣れ」が来る。当たり前の事だが、同じ場所を訪れる度に最初の感激を保つ事は大変困難なのだ。

しかし、この風景は何度訪れても新しい感激が待っている。特に変化がある訳でもない。去年・一昨年を同じ空気と同じに同じ景色。ビジュアルはほぼ変わらない。だが、確実に感情に突き刺さり「慣れ」を感じる隙を許さない何かがあるのだ。
 オロロンラインの風景は、もはや旅人達の原風景と言えるのだろう。初訪問の旅人達のほぼ全員がその光景のダイナミックさに感激するが、リピーターとなってもその感激は全く色褪せる事が無い。あの利尻富士と直線道路のコラボを見る度に「ただいま!帰ってきたよ!」と呟きたくなる。

この「帰ってきた…」感が北海道の、そしてオロロンラインの醍醐味であり尽きない魅力なのだ。北の大地は遠い。しかし魅力は深い。バイクを持っているならば、ぜひ行って頂きたい。原付でも全く構わない。そこに新しい旅人生の扉が待っているに違いないのだ。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ