ここから本文です

【バイクで巡るニッポン絶景道】ツーリングライダーの夢……北の大地、最北端の絶景道[北海道]#モトツー

6/13(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

オロロンラインは正確には小樽~稚内を繋ぐ総延300kmにもなる海岸ルートの事を指すが、旅人達の間では、この道道106号の区間を指して呼ばれる事も多い。夏草と青空と果てしなく続く道。ライダーなら一度は憧れるあの道がここにある。

オロロンラインの名所の一つであるオトンルイ風力発電所。CMで見た事がある方も多いに違いない。道路に沿って林立する発電プロペラが何とも言えない異世界感を醸す。プロぺラ直下で巨大なブレードの風切り音を体験してみよう。

利尻島・礼文島を望む絶景も堪能できるが、霞や霧等も多い為、良運も若干必要かもしれない。バイクを路肩に停めてしばし休憩。時の経つのを忘れる光景がある。

バイクで行くなら、船でしかアクセスできない事も、北海道の魅力に大きなアクセントを加えているに違いない。豪華大型客船に乗船する事自体が非日常空間。たとえ荒天であろうが、自然と期待感は高まる。

幻想的なオロロンラインも冬は一変。台風並みの暴風雪が吹き付ける大変危険なルートへと豹変する。これもまたオロロンラインの魅力。夏も良い。が、冬のオロロンを愛する変態ライダーもいるのだ。

ここを走る旅人が必ず訪れる宗谷岬。日本最北端、旅の終着地だ。夏でも冬でも季節を問わず岬は旅人を静かに待っている。キミもバイク乗りならば、人生一度は我が国の最北端を見てみようじゃないか!

ロード情報

交通量:夏場はやはり観光客で賑わうが渋滞とは皆無の超絶爽快ロードだ。特にバイクの交通量は多い。全線に亘って絶景の為、脇見運転には絶対に注意しよう。

路面:北海道特有の非常に広い路面と、抜群の舗装。道路線形も良い為、ついついスピードが出がちだが、取り締まり区間でもあり速度には注意して走ろう。

~日本海オロロンライン(北海道道106号稚内天塩線区間)~

秘境感★★★
天空感★
潮風感★★★★★
爽快感★★★★★
根性感★
開放感★★★★★

モトツーリング

2/2ページ

最終更新:6/13(木) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事