ここから本文です

氷を含む月面のクレーター、見事な輝きの球状星団

6/13(木) 12:12配信

WIRED.jp

すでにご存じの方もいるかもしれないが、米航空宇宙局(NASA)は2020年代に月を再訪する計画を立てている。だが、NASAはどこでもかまわず着陸しようとしているわけではない。エンジニアたちは月の裏側を研究し、氷が隠されている場所を探している。

【写真ギャラリー】見事な輝きの球状星団

月面には、常に影に覆われていることで、かなり温度の低い領域や多くのクレーターが存在することがわかっている。だが、大量の月の氷が、なんの役に立つのだろうか? 

実は水素と酸素が役に立つ。ロボットや人間をまた月に送り込むことができたら、その氷を掘り出して、ロケットを動かす燃料に変換できるかもしれないのだ。水から得られる酸素は、宇宙飛行士たちの生命維持にも使える。

新たな月ステーションから向かう先は、NASAの次なる夢の目的地、火星だ。さらに、地球に(比較的)接近したときにNASAの天文衛星が“現行犯逮捕”のように撮影した彗星もチェックする。

そのあとは、死にゆく星を探訪しよう。その星は、混沌とした残骸をあたり一面にまき散らしているが、それで意気消沈してはいけない。というのも、この旅の締めくくりには、これまでに見つかっているなかでも最大級の球状星団「メシエ3(M3)」が控えているからだ。この巨大星団は、80億年前までさかのぼる輝く星々を50万個も囲い込んでいる。

SHANNON STIRONE

最終更新:6/13(木) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事